HUAWEI P9 lite【HUAWEI】の特長とお申込み方法

HUAWEI P9 lite

HUAWEI P9 lite

今回は、人気格安スマホHUAWEI(ファーウェイ) P9の機能のバランスを整え、更にお値段がお求めやすくなったHUAWEI P9 liteのご紹介をさせていただきたいと思います。

simフリー端末HUAWEI P9 liteの特長

ここでは、HUAWEI P9 liteの特長についてご紹介いたします。

1、HUAWEI P9 liteの本体価格は3万円以下!!

HUAWEI P9 liteの1番の特長は、コストパフォーマンスの良さです。

HUAWEI P9 liteは、格安スマホの中で中価格帯(ミドルクラス)に当たる3万円以下で、購入することができます。

 

楽天のファーウェイオンラインストアでは、2017年1月23日現在、27864円(税込)で販売されています。

先に発売されていたHUAWEI P9の本体価格は、2017年1月23日現在、54864円(税込)ですので、単純計算だと、マイナス27000円もリーズナブルだということになります。

 

※ちなみに、HUAWEI P9はその機能性の高さから、「読者が選ぶケータイof the Year2016」、「スマートフォン・オブ・ザ・イヤー2016」をダブルで受賞しています。

 

楽天のファーウェイ オンラインストアでHUAWEI P9 liteを見てみる

2、高解像度の5.2インチディスプレイで文字もくっきり

HUAWEI P9 liteは、HUAWEI P9よりも27000円安い機種ということで、機能的に劣っている部分が気になるところかとは思いますが。

しかし、HUAWEI P9 liteのディスプレイの大きさと、解像度につきましては、ハイエンド機種であるHUAWEI P9と全く同じです。

HUAWEI P9 HUAWEI P9 lite
ディスプレイ 5.2インチ 5.2インチ
解像度 1920×1080 1920×1080

 

ですので、「安いから、画質があまり良くないんじゃない?」と不安のお客様にも、安心してお使いいただくことが出来ます。

ちなみに、5.2インチのモニターで、解像度が1920×1080あるのは、他の格安スマホ(5.2インチ)と比べると、かなり高解像度です。

スマホ画面の文字が、くっきり・はっきり見えるところがメリットです。

3、充電がHUAWEI P9と比べて約44時間も長持ち

また、HUAWEI P9 liteは、HUAWEI P9と比べると充電が長持ちします。

HUAWEI P9 HUAWEI P9 lite
連続待受時間 4G:約566時間/3G:約566時間 4G:約610時間/3G:約630時間

 

上記の表を見るとお分かりいただけるかと思いますが、HUAWEI P9 liteの方が4Gの場合だと約44時間、低通信速度の3Gの場合だと、約64時間も充電が長持ちするのです。

あくまで、連続待受時間を目安にしておりますので、体感時間には個人差があると思いますが、HUAWEI P9と比べると長い時間使用していただけるのは確かです。

simフリー端末HUAWEI P9 liteの詳しいスペック

では、上記で取り上げたものも含めて、simフリー端末HUAWEI P9 liteの詳しいスペックを、ご紹介しましょう。

HUAWEI P9 HUAWEI P9 lite
OS Android™ 6.0
(With EMUI 4.1)
Android™ 6.0
(With EMUI 4.1)
サイズ 高さ:約145mm
幅:約70.9mm
厚さ:約6.95mm
高さ:約146.8 mm
幅:約72.6 mm
厚さ:約7.5 mm
重さ 約144g 約147 g
カラー ミスティックシルバー
チタニウムグレー
レッド・ブルー
ゴールド
ホワイト
ブラック
CPU HUAWEI Kirin 955
オクタコア
(4 x 2.5GHz A72
+
4 x 1.8GHz A53)
Huawei Kirin650
オクタコア
(4×2.0GHz+4×1.7GHz)
メモリ RAM:3GB/ROM:32GB RAM:2GB/ROM:16GB/
Micro-SDスロット(最大128GB)
連続待受時間 4G:約566時間
3G:約566時間
4G:約610時間
3G:約630時間
ディスプレイ 5.2インチ 5.2インチ
解像度 1920×1080 1920×1080
メインカメラ 1200万画素×2
(開口部F2.2 / AF / 2色flash)
1300万画素
(開口部F2.0/AF/BSI)
インカメラ 800万画素
(開口部F2.4 / FF / BSI)
800万画素
(開口部F2.0/FF/BSI)
対応Band ・4G(LTE)
1/2/3/4/5/7/8/12/17/19/20/26/28・3G(WCDMA)
1/2/3/4/5/8/19
・4G(LTE)
1/3/5/7/8/19/28・3G(WCDMA)
1/5/6/8/19
価格 ※1 54864円(税込) 27864円(税込)

※1 2017年1月23日現在 楽天「ファーウェイオンラインストア」より

 

上記の表で、HUAWEI P9とHUAWEI P9 liteのスペックを比較していただくと、お分かりになるかと思いますが、値段が安い分、単純なスペック差では、HUAWEI P9 liteが劣っている部分が多いのが正直なところです。

やはり、HUAWEI P9は6万円近くするグレードの高いsimフリー端末ですから、機能面では一手先をいくわけです。

 

しかし、中には機能面でHUAWEI P9 liteが優れている部分もあります。

それが、先述した充電の持ち時間の長さと、若干ではありますがメインカメラの画素数です。

HUAWEI P9のメインカメラ画素数が1200万画素であるのに対し、HUAWEI P9 liteのメインカメラ画素数は1300万画素です。

 

また、表には記載していませんでしたが、HUAWEI P9のnano sim スロットは1つしかないのに対し、HUAWEI P9 liteのnano sim スロットは2つ(デュアルタイプ)あることも、スペック的にHUAWEI P9 liteが優れている部分かと思います。

対応Bandの違いも結構ありますので、上記表をよく確認していただきたいなと思います。

simフリー端末HUAWEI P9 liteが向いている方

ここでは、格安simフリー端末HUAWEI P9 liteを使うことがオススメのユーザーについて、ご説明いたします。

1、格安スマホの機能も価格も”中くらい”を求める方

HUAWEI P9 liteの最大の魅力は、やはりコストパフォーマンスの高さだと思います。

 

2万円以下の更に安いsimフリー端末もありますが、そこまで安いと、機能が削られている場合が多いです。

逆に、スペックが高く様々なオプション要素がついている高機能なsimフリー端末だと、値段も結構かかってしまいます(5万円以上)。

 

そこで、「機能も値段もそこそこな、ちょうどいい格安スマホが欲しい!!」という方にオススメなのが、このHUAWEI P9 liteなのです。

“機能も中くらい”と見出しで先述していますが、実際は同価格帯の格安スマホと比べると若干性能は高めです。

2、充電が長持ちする格安スマホを求める方

HUAWEI P9とHUAWEI P9 liteのバッテリー容量は同じ(3000mAh)ですが、HUAWEI P9 liteの方が電池の持ちが良いのは、先程お話した通りです。

 

つまり、外出先でたくさん電池を使う方に、HUAWEI P9 liteがオススメです。

例えば、「通勤・通学電車で長時間動画や音楽を楽しんでいる」「仕事の都合で、長い時間電話をかけることが多い」「外出している時間が長く、充電している余裕がない」といった、少しでも電池が長持ちすることを重視する方などです。

simフリー端末HUAWEI P9 liteが向いていない方

では逆に、simフリー端末HUAWEI P9 liteが向いていない方について、ご紹介いたします。

1、少しでも機能性の高い格安スマホを使いたい方

「多少お値段が張ってもいいから、機能の充実した格安スマホを使いたい」ということでしたら、HUAWEI P9のような、本体価格が5万円以上のハイエンド端末をご購入いただいた方がいいかと思います。

 

特に対応Bandの種類の差は、使いたい格安simが決まっている場合に、影響が大きい部分かと思いますので、よくご確認していただいた方がいいでしょう。

2、格安スマホ本体が小さくて軽い方が良い方

また、「値段が高くてもいいから少しでも軽く、サイズも小さい格安スマホが使いたい!!」という方も、HUAWEI P9 liteをあえて選ぶ必要はないと言えます。

何故なら、ディスプレイのサイズは同じ5.2インチでも、HUAWEI P9の方がわずかに軽く、サイズも小さいからです。

 

  • HUAWEI P9……高さ:約145mm/幅:約70.9mm/厚さ:約6.95mm
  • HUAWEI P9 lite……高さ:約146.8mm/幅:約72.6 mm/厚さ:約7.5 mm

 

また、HUAWEI P9以外でも、同じ5.2インチのディスプレイで、コンパクトなsimフリー端末がございますので、「サイズが小さく重さも軽い方がいい」という方は、HUAWEI P9 liteを使わなくてもいいでしょう。

<例>

FREETELのSAMURAI REI 麗……高さ:145.8mm/幅:71.5mm/厚さ:7.2mm

(こっちの方がHUAWEI P9 liteより小さくて軽い!!)

simフリー端末HUAWEI P9 liteのご購入方法

HUAWEI P9 liteに限った話ではありませんが、simフリー端末を購入するためには3つの方法があります。

  • ヨドバシカメラやヤマダ電機などの家電量販店で購入する(店員さんから直にアドバイスをもらえます)。
  • 通販で購入する。
  • MVNO(格安simカードを展開している事業)で購入する。

 

通販で購入する場合は、送料のかからないAmazonや楽天ファーウェイオンラインストアがオススメです。

どの方法で購入するかは、1人1人のお好みで選んでいただいていいかと思いますが、プランによって若干値段に違いがありますので、例えば分割払いでしたら1月にいくら費用がかかるかなどを把握しておくと良いかもしれません。

 

ちなみに、HUAWEI P9 liteを取り扱っている主なMVNO業者はこちらです。

 

それぞれのプランや価格の詳細につきましては、リンク先のサイトをご確認いただければと思います。

 

以上、HUAWEI P9 liteのご紹介でした!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA