格安SIM 2GBプラン比較

解約金が安い方を選ぶ女性

スマホで通話もアプリやデータ通信も!

多くの格安SIMのデータ容量/月は3GBがスタンダードです。

数年前までは2GBがその座でしたが、サービス競争によりデータ容量が3GBに増量するMVNOが増え、2GBは見かけなくなりました。

ただし!3GBでは毎月余って繰り越している人は多いのです!!

データ引用:MMD研究所 1カ月のデータ通信使用量は「1GB未満」が最多、「2GB未満」で約4割

3GBが主流の今、2GBはスキマなデータ容量!!

ひと月に使うデータ容量が3GBでは余るが1GBでは少ない人にピッタリの容量なのです。

毎月データ容量を繰り越ししているのなら2GBは検討対象です!

さらに!

格安スマホは通話料が高いというのは定説ですが、最近ではかけ放題などの定額制オプションが増えてきました。

スマホでの通話の使い方によっては音声通話もキャリアより格安SIMの方が安くなります。

このページでは、データ容量2GBのプランがある格安SIMを紹介・比較していきます。

2GBって実際どのくらい?

まず、スマホで2GBだとどのくらいのデータ通信が可能なのか、ソフトバンクで公表のデータ目安です。

2GBで出来ること

データ引用元:ソフトバンク公式サイト

2GBは16,777,216パケット

2GBをパケット数に換算すると16,777,216パケットになります。

2GBでメール送受信はどのくらいできる?

1日の使い方で見てみると、テキストメール送受信139通で、ひと月4,180通になります。

1通当たり500KBという計算ですが、500KBはテキストのみで30,000文字になります。

こんな(^_^)絵文字はテキストなので文字に含まれますが、動く顔文字は小さくてもひとつ10KB程度かかります。

500KBは、動く絵文字で50個分…無意味な連発に注意して使用しましょう。

もちろん添付ファイルのサイズにも注意が必要なにります!

2GBでWebページはどのくらい見れる?

Webページ閲覧は、実際のYahooトップページでキャッシュなしで236KBでした。

ページ数にすると約250ページ/日になります。

対して楽天市場のような画像多用ページでは3MB以上かかり、約22ページ/日です。

写真画像の多い個人ブログも3MB程度ですので、同じく約22ページ/日です。

ちなみに地図の表示は700KB程度で、約80ページ/日なります。

どのようなページをよく閲覧するのかで目安の233ページからかなり開きが出てきます。
スマホの使用どのくらい?

2GBで見れる動画はどのくらい?

動画は1日18分、がっつりは見れませんが低画質動画、Youtube視聴は問題ありません。

2GBでできる音楽ダウンロードは?

音楽のダウンロードは1日17曲という目安です。

しかし、iTunesでビットレート256Kbpsで4分の曲をダウンロードする場合、実際には8.9MB使います。

8.9MBですと実際には 約8曲/日になります。

音質は年々より良く上がっていく傾向にありますので、ともなって今後のデータ消費量も上がっていきます。

2GBでLINE・LINE電話・LINEビデオ通話どのくらい?

LINE

 

2GBでできるLINEはどのくらい?

LINEのメッセージのやりとりはテキストなので、2GBで十分すぎる容量です。

スタンプも同様に1GBでも十分なくらいなので、容量を気にせずやり取りできます!

2GBでできるLINE電話はどのくらい?

LINEでんわは通話は無料ですが、データ消費はもちろんあります。

2GBでは4,000分、2時間/日は通話可能です。

2GBでできるLINEビデオ通話はどのくらい?

そして問題はLINEビデオ通話で、1分に3MB・1日では24分の通話が可能です。

LINEでんわとLINEビデオ通話、近いサービスですがビデオ通話はほぼ動画だと考えてください。

2GBでできるゲームはどんなもの?

Zenfoneでスマホゲーム

2GBでは3Dグラフィックスを使ったゲームはほとんど無理になります。

ポケモンGO程度なら1日6時間ほど遊べるという評判があります。

実際の自分のスマホの通話時間を調べる方法はこちら

2GBプランのある格安SIM(MVNO)

2GBプランを提供する格安SIMにはどんな種類があるのでしょうか?

2GBのデータ容量プランがあるのは格安SIMでも少数です。

ここではその希少なMVNO7社の特徴を紹介します。

nuroモバイル

nuroモバイルは、ソニーネットワークコミュニケーションズSo-net運営のモバイルサービスで、利用回線はdocomoです。

時間内なら使い放題の時間プランや、0(ゼロ)SIMという月額無料のデータ容量500MBのプランが有名です。

その他プランはわかりやすく1GB刻みで多数あり!

nuroモバイル

nuroモバイル 音声通話付き データ専用 データ専用SMS
2GB 1,400円 700円 850円

データ専用SIMでは700円と月額料金で最安

音声通話付きでも1,400円で最安値とわずか20円の差!

回線 docomo
データ繰り越し 可能
容量追加100MB~ 400円~
通信制限 あり
専用通話アプリ nuroモバイル電話
かけ放題 でんわ5分かけ放題 800円/月

音声通話付きSIMでは専用通話アプリ「nuroモバイルでんわ」利用で、通話料は10円/30秒!

この通話料は海外32か国でも適用されますので、対象地域へ国際電話をかける方にはおすすめです。

また、通話定額オプションの「でんわ5分かけ放題」では月額800円で回数無制限!

5分までの通話を月に4回以上かける人はお得になる計算です。

しかも5分超過後も10円/30秒なのはかなりお得です。

nuro mobileを見てみる

b-mobile

b-mobileは格安SIMの老舗である日本通信が運営するMVNOです。

こちらはdocomo回線とSoftBank回線とどちらも可能!!

従量制で5段階ある定額プラン「おかわりSIM」が他の格安SIMにはない個性的なプランです。

b-mobile

b-mobile 音声通話付き データ専用 データ専用SMS
おかわりSIM 2GBまで 1,550円 750円 880円

おかわりSIMプランは従量制なので、月々のデータ使用のバラつきに対応可能!

音声通話付きプランでは最も高値の月額1,550円。

しかし+500円で「通話3分定額」オプションがあるので、通話時間が3分以内で1日50回未満の通話なら断然安いのはb-mobile

回線 docomo・Softbank
データ繰り越し なし
容量追加 1GBごとに250円
通信制限 300万パケット
専用通話アプリ b-mobileでんわ
かけ放題 通話3分定額 500円/月

音声通話付きSIMでは専用通話アプリ「b-mobileでんわ」利用で、通話料は10円/30秒。

10円/30秒で通話3分を50回すると通話料は3,000円なので、相当お得です。また、通話定額オプション「通話3分定額」は月額500円で50回/日まで定額!

しかも3分超過後も10円/30秒!

b-mobile公式ページ

DMM mobile

 DMM mobileは動画配信サービスDMM運営の格安SIMで、とにかく安い!のが特徴です。

ライトプラン0GBなら月額440円!

他にもプランは1GB刻みで多数、大容量プランも充実しています。

月額362円で全国のWi-Fiスポットが利用できるオプションも魅力です。

DMMモバイル

DMM mobile 音声通話付き データ専用 データ専用SMS
シングルコース2GB 1,380円 770円 920円

音声通話付きプランでは1,380円で最安値!

シングルコースとはSIMカードが1枚のプランで、最大3枚までのシェアコースもあります。

回線 docomo
データ繰り越し 可能
容量追加100MB~ 200円~
通信制限 200kbps
専用通話アプリ DMMトーク
かけ放題 5分かけ放題 850円/月

高速通信と低速通信の切り替え機能あり!

通話アプリ「DMMトーク」使用で通話料は30秒10円になります。

DMMトークは通信方式プレフィックスなので3桁の緊急通話は非対応、端末の電話機能で発信する必要があります。

定額制オプション「5分かけ放題」を付ければ5分以内の通話は回数無制限で定額です!

月額850円はDMMトークで通話時間43分、ひと月に5分以内の通話が43分以上ある方におすすめです。

→ DMMmobileの公式サイトを見てみる

エキサイトモバイル

エキサイトモバイルは、伊藤忠グループで検索エンジンやブロードバンドサービスのエキサイトが運営する格安SIMです。

プランは定額プランと使った分だけ従量制プランと多数あり充実しています。

従量制では200Kbpsで月額500円~。

キャンペーンが多いのも特徴です!

エキサイトモバイル

エキサイトモバイル 音声通話付き データ専用 データ専用SMS
定額プラン2GB 1,450円 770円 910円

月額料金で比較するとほぼ真ん中、安くもなく高くもない月額です。

しかし音声通話付きプランではかけ放題がないので、通話もある程度使う人にはおすすめしません!

回線 docomo
データ繰り越し 可能
容量追加1GB 580円
通信制限 あり
専用通話アプリ なし
かけ放題 なし

月に1度プラン変更が可能なので、容量追加するなら従量制プランに変更するのもあり!

細かく分かれたプランで柔軟性のある使い方ができる格安SIMです。

エキサイトモバイルを見てみる

hi-ho LTE typeD

hi-ho LTE typeDはIIJグループのインターネットプロバイダhi-hoが運営する格安SIMです。

IIJも格安SIMサービスを持っていますが、IIJにはない個性的なプランが特徴。

定額で1年分先払いのプランなどは年間1万円(ひと月834円)で毎月3GBの使用が可能!

アソートやファミリーシェアという最大3枚のSIMが使えるプランも特徴的です。

hi-ho LTE typeD

hi-ho LTE typeD 音声通話付き データ専用 データ専用SMS
エントリー 1,470円 770円 910円

月額料金での比較では最高値ではないものの全体的にやや高め。

音声通話付きプランでは専用アプリやかけ放題がないので、通話もある程度使う人にはおすすめしません!

回線 docomo
データ繰り越し 可能
容量追加100MB~ 円~
通信制限 あり
専用通話アプリ なし
かけ放題 なし

IIJグループですので通信品質が高く安定していること、実際の速さも評判が高い傾向があります。

hi-ho LTE typeD公式ページ

イオンモバイル

イオンモバイルはイオンリテールが運営する格安SIMです。

あのイオンが格安SIMの展開を始めたことで、格安SIMの一般層への普及に多大な影響を与えました。

格安SIMならではの面倒くさい初期設定もなし!

とにかく店舗があることで格安SIM初心者の安心感は断トツ!

イオンモバイル 音声通話付き データ専用 データ専用SMS
2GBプラン 1,380円 780円 920円

音声通話付きプランでは1,380円で最安値

専用でんわアプリ「イオンでんわ」で通話料も10円/30秒になります。

電話番号にこだわらなければ、データ専用SIMでも使える「050かけ放題」1,500円/月がおすすめ!

とにかくどのプランでもそこそこ通話も使う人におすすめです!

回線 docomo
最低利用期間 なし
解約金 なし
データ繰り越し 可能
容量追加1GB 480円
通信制限 あり
専用通話アプリ イオンでんわ
かけ放題 イオンでんわ5分かけ放題 850円/月

高速通信オン・オフ機能あり。

かけ放題はプレフィックス方式。

格安SIMでも希少!音声通話付きプランでも最低利用期間なし・解約金なし!!

アプリ取り放題の「アプリ超ホーダイ」が月額360円で利用可能です。

→ イオンモバイルを見てみる

ロケットモバイル

 ロケットモバイルは株式会社エコノミカルが提供する格安SIMです。

月額298円からの「神プラン」は業界最安値!!

とにかくスマホをあまり使わない人に合うプランが充実の格安SIMはロケモバ!

データ容量を追加するよりプラン変更がお得な「今すぐプラン変更」にも対応。

格安SIM初心者には公式ページの詳細が少しわかりにくいかもしれません…

ロケットモバイル

ロケットモバイル 音声通話付き データ専用 データ専用SMS
2GBプラン 1,400円 840円 990円

データ専用SIMでは月額ランキング最高値の840円。

音声通話付きでは1,400円と最安値とわずか20円差

しかしかけ放題やアプリはなく、通話もそこそこする人にはおすすめしません。

回線 docomo
データ繰り越し 可能
容量追加100MB~ 400円~
通信制限 あり
専用通話アプリ
かけ放題

専用アプリでのアンケートや会員登録でもらえるロケモバポイントを月々の支払いに充当可能。

音声通話付きプランでのロケモバプレミアムは2017年1月で新規申し込み終了?

プレスリリースはなく詳細不明ですが、公式ページからは削除されていました。

なので2017年5月の時点で、音声通話のアプリやかけ放題はないものとみられます。

ロケットモバイル公式ページ

2GBプランのある格安SIMを月額料金で比較する

音声通話SIM データ専用SIM データ専用SIM SMS
nuroモバイル 1,400円 700円 850円
b-mobile 1,550円 750円 880円
DMM mobile 1,380円 770円 920円
エキサイトモバイル 1,450円 770円 910円
hi-ho LTE typeD 1,470円 770円 910円
イオンモバイル 1,380円 780円 920円
ロケットモバイル 1,400円 840円  990円

2GBプランのある格安SIMは7社、月額料金で格安SIMを比較しました。

音声通話付きプランではDMM mobileとイオンモバイルが最安1,380円です。

データ専用SIMではnuroモバイルが700円で、SMSありとも​に最安です。

格安SIMの2GB音声通話プランとは?

スマホで通話

音声通話付きSIMカードと通話料金

格安SIMで使える音声通話SIMとは、データ容量と電話機能がついたSIMのことです。

ここで説明するのは、2GBのデータ通信容量つき電話回線のSIMカード=格安SIMの2GB音声通話付きプラン です。

まず、月額料金(固定料金)があり、通話した分だけ通話料を支払う従量制料金が加算されてきます。

通常、音声通話付きプランとはこの従量制の通話料がかかるものを指しています。

スマホの音声通話料を下げるアプリや定額制料金

その上で、「専用通話アプリ」「かけ放題(定額制)」などの音声通話料金を下げるアプリやオプションがある格安SIMがあります。

「専用通話アプリ」での通話料はいくら?

「専用通話アプリ」は無料で使えるもので通話した量だけ払う従量制料金です。

どの格安SIMが提供している「専用通話アプリ」でも通話料が10円/30秒になります。

「専用通話アプリ」の特徴は?

スマホ音声通話アプリ

2GBの音声通話プランで使える専用通話アプリはすべてプレフィックス方式という通話方式です。

プレフィックス方式とは、電話番号の頭に専用番号を付けて発信し別の通話回線に切り替えることで安い通話料を実現しています。

専用通話アプリは自動で専用番号を付けて発信し、相手側へは携帯番号のみ表示されます。

プレフィックス方式のメリット
  • 電話回線なので通話品質が良い!
プレフィックス方式のデメリット
  • データ専用SIMでは使えない
  • 緊急電話やフリーダイヤルへ発信できない
「かけ放題(定額制)」での通話料は?

スマホの最低利用期間と解約料金

格安SIMの音声通話料は、キャリア回線からの卸価格が同じなので、均一の20円/30秒です。

それを一定の条件をもって定額制にできるオプションがある格安SIMが増えてきています。

「かけ放題」や「通話定額制」といわれるオプションのことです。

月額500円~900円ほどの定額で、3分・5分以内の通話がかけられるものが多いです。

通話回数は1日50回などと制限があるものや無制限のものもあります。

制限や条件を超えてしまった通話料金は、専用通話アプリの併用で10円/30秒の従量制になります。

格安SIMの2GBプランを音声通話かけ放題の月額で比較

2GB音声通話プランで、通話定額制(かけ放題)があるのは4社です。

DMM mobile イオンモバイル nuroモバイル b-mobile
対象通話 5分以内 回数無制限 5分以内 回数無制限 5分以内 回数無制限 3分以内 50回/日
音声通話付きSIM 1,380円 1,380円 1,400円 1,550円
かけ放題 月額 850円 850円 800円 500円
月の総額 2,230円 2,230円 2,200円 2,050円
月額での通話時間※ 42分 42分 40分 25分

※月額での通話時間とは、かけ放題月額で実際に通話できる時間になります。

自分が実際に使う通話時間が月額での通話時間を超えればかけ放題をつけると得になります。

b-mobile以外は5分以内の通話で回数は無制限です。

DMM mobileとイオンモバイルは月額料金が同じ1,380円で最安です。

5分を超えそうになっても、回数無制限なのでいったん切ってかけなおすというやり方もあり。

国際電話をかけるなら、国際電話も定額になるnuroモバイルがおすすめです。

Softbankの端末ならb-mobileがおすすめです。

ちなみに、8割以上もの人がひと月の通話時間は1時間以内という調査結果があります。

引用元:MMD研究所 格安SIM利用者の音声通話利用に関する調査

まず!自分の実際の通話回数や通話時間を調べ、該当する人のみ通話定額制を選んでいきましょう。

実際の自分のスマホの通話時間を調べる方法はこちら

 音声通話付きプランには最低利用期間がある?

データ通信無制限なのに遅すぎる…

格安SIMの多くではデータ通信プランでは解約金が一切かからず、いつでも好きなときに解約する事が出来ます。

しかし!音声通話付きSIMでは格安SIMでもほとんどのMVNOで最低利用期間があります

6か月から12ヵ月、24か月というMVNOもあり、解約金も様々です。

しかし、大手キャリアのように更新期間のわずかな日数以外で解約する際に解約違約金がかかる類のものではありません。

多くがシンプルで、最低使用期間に多く設定されている12ヵ月を過ぎれば解約金が発生することなく解約が出来ます。

格安SIM 2GBでの音声通話付きSIMの最低利用期間と解約金をみてみます。

音声通話SIM
最低利用期間
音声通話SIM
解約金
nuroモバイル 12ヵ月 利用残月×1,000円
b-mobile 5か月 8,000円
DMM mobile 12ヵ月 9,000円
エキサイトモバイル 12ヵ月 9,500円
hi-ho LTE typeD 12ヵ月 利用残月×1,000円
イオンモバイル なし なし
ロケットモバイル 12ヵ月 9,500円

イオンモバイルは格安SIMでも珍しい最低利用期間なし!

2GBで足りなくなった!ときどうする?

SIMカード

2GB使い切って速度制限がかかったら?

2GBを使い切ってしまったからといって、まったくデータ通信が出来なくなるわけではありません。

格安SIMではほぼ200Kbpsが低速通信モードの基準で、高速通信モードの100分の1程度になってしまいますが通信は可能です。

速度制限時できないこと

  • 画像の多いウェブページが見づらくなる
  • 動画やスカイプやLINEビデオ通話

速度制限時でもできること

  • LINEチャット
  • 画像や添付ファイル無しでのメール送受信
  • ネットラジオ
  • Yahooサイトや地図の表示

低速モードで使えるバースト機能とは?

スマホでデータ通信

速度制限がかかってしまった低速モードのとき、バースト機能があると助かります。

バースト機能とは、低速通信のときデータ通信の最初の一定量だけ自動で高速通信にしてくれる機能のことです。

バースト機能が使えると、速度制限時や高速通信オフの低速でもページの読み込みが断然速くなるのです!

格安SIMによってはバースト機能がないものもあります。

2GBで足りなくなったときの対処2つ

  • 出張が多くなり出先でデータ通信を多く使った。
  • 入院してWifi環境が使用できなかった。

…など、一時的にひと月のデータ通信使用量が2GBを超えてしまったら?
その場合の対処法を2つ紹介します。

  1. 追加で容量を購入する
  2. 容量のより大きな契約プランへ変更

格安スマホ 格安sim

1つめ 追加で容量を購入する

これに関しては追加料金がかかります。

多くの格安SIMで一時的な容量不足に対してデータを追加購入できます。

追加購入はとても便利なのですが、容量単価としては割高になること、有効期限がある

で、あくまでも一時的な対処になります。

2GBプランのあるMVNO 追加データ容量 料金
DMM mobile 100MB 200円
hi-ho LTE typeD 100MB 200円
ロケットモバイル 100MB 400円
nuroモバイル 100MB 400円
b-mobile 1GB 250円
エキサイトモバイル 1GB 580円
イオンモバイル 1GB 480円

2GBプランのある格安SIMでもすべてデータ容量チャージが可能ですが、価格は様々です。

b-mobileの1GB・250円はかなり安いチャージ金額です。

2つめ より大きなデータ通信可能なプランへ変更する

データ専用SIMでプラン変更1GBあたりの月額
プラン月額 2GB データ専用 3GB データ専用 月額の1GBあたりの差額
DMM mobile 770円 850円 80円
エキサイトモバイル 770円 880円 110円
ロケットモバイル 690円 840円 150円
hi-ho LTE typeD 770円 933円 163円
nuroモバイル 700円 900円 200円
b-mobile 750円 1,000円 250円

1GBあたりのデータ容量単価がとにかく安い!

最安はDMM mobileの1GB 80円です。

b-mobileの1GB 250円は容量追加チャージ料金と同額です。

音声通話SIMでプラン変更1GBあたりの月額
プラン月額 2GB 音声通話 3GB 音声通話 月額の1GBあたりの差額
ロケットモバイル 1,300円 1,400円 100円
エキサイトモバイル 1,450円 1,580円 130円
hi-ho LTE typeD 1,470円 1,633円 163円
DMM mobile 1,380円 1,550円 170円
nuroモバイル 1,400円 1,600円 200円
b-mobile 1,550円 1,800円 250円

音声通話での1GBあたりの最安はロケモバ100円です!

ロケットモバイルはそもそも基本の月額料金も最安です。

通信制限にプラン変更で対処すること

月額料金が増えますが、追加購入に比べて容量単価がかなり割安になります。

しかし、変更後に毎月容量が余るなら無駄になります。

プランの変更は継続的な容量不足に対して最もおすすめです。

注意点として、変更がいつ反映されるのかプランを確認しておく必要があります。

格安SIMではプラン変更が即反映できるものもありますが、多くは翌月反映です。

まとめ

SIM 2GB

以上のように、希少な格安SIMの2GBプランを比較してきました。

まずは自分が今どのようなスマホの使い方をしてるのか把握して、各プランの特徴を加味して格安SIMを選んでいきましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA