楽天モバイルの実測は速かった|格安SIMの速度

楽天モバイル

楽天モバイルの評判は「速度遅い」?



 楽天モバイルは、みなさんご存じ楽天市場の楽天コミュニケーションズ運営のdocomo回線を利用した格安SIMです。

いろんなキャンペーンやCMをたくさん打っているので認知度が高く、格安SIMといえば楽天モバイルと思い浮かべる人も多いかもしれません。

楽天モバイルの出始めは、利用回線の事情で遅いという評判が多かったのですが、利用回線を変更し増強してからは速くなった!との評判だったのですが…

2017年9月現在、楽天モバイルの評判をネットで拾ってみると、CMやキャンペーンでユーザー急増の影響なのか「速度が遅いッ」という評判をよくみかけます。楽天モバイル 速度口コミ評判ツイート01 楽天モバイル 速度口コミ評判ツイート02

速度が遅くてもメールやLINEなら何も問題ないのですが、困るのはデータ容量を多めに利用する通信、インスタグラム・youtube・ツイッター・地図表示・写真多いブログやサイト・オンラインゲームなどです。

しかし、楽天モバイルでSIMカードとスマホ同時購入して2年の私はそこまで遅いとは感じておらず、速度に何も不満ない…。

なので、評判通り楽天モバイルの速度は本当に遅いのか、実際に計測してみました!

楽天モバイルの速度を計測してみたけど速い

arrows m03arrows M03

さて、使用するのは私物のarrows m03、楽天モバイルで格安SIMと同時購入した端末です。

普段はSNSはLINEくらい、メールはWeb版Gmail、ゲームはしない、けど写真や画像の多いブログなどのネット閲覧、毎日ではないけどyoutube視聴が多いです。

実は、実際に楽天モバイルを2年近く使ってきて、特に遅いと言われる昼休みもそこまで遅いと思ったことないんです…youtubeも低画質だけど止まらないし。

ちなみにお昼時に使う場所は、大阪市内でも有数のサラリーマンてんこ盛りオフィス街です。

計測アプリは有名どころ、SPEEDTEST.netと念のためもう一つspeedcheckerを使用しました。speedchecker1SPEEDTEST 2

実測|楽天モバイル

平日の11時台~翌日14時台まで2日間にわたって、1時間きざみくらいで計測してみました。

ドーン!

楽天モバイル実測グラフ

上がSPEEDTEST.net、下がspeedcheckerの結果で、高低の流れは大体同じで、青い山がダウンロード値、赤い山がアップロード値、グレーの線がPING値です。

主に青い山=ダウンロード値が大きければ大きいほどデータ通信のスムーズさ、快適さが大きくなります。

実測で取った数字をグラフにしてみると、やはりお昼時は速度が下がりますね。

SPEEDTEST.netでは目立ちませんが、speedcheckerでは夕方17時台~22時頃も落ち込みます。

深夜0時から7時までは計測しておりませんが、前後を見ると高くキープしている可能性が高いですね、おそらく帰宅し自宅wifi環境を使う時間帯だし、寝ますし。

speedcheckerはつなぐサーバーを選べないので香港とかつないできます、PING値が高いのはそのためだと思われます。

また、SPEEDTEST.netは単位にMbpsを、speedcheckerはm/bsを使っている違いはありますが、単純に8倍したものがm/bsになりますので、グラフの高低には影響しません。

SPEEDTEST 3speedchecker2speedchecker3

まとめ|楽天モバイルの実測は結構速かった

実際には、大阪市内のオフィス街でお昼の時間帯でも連日3Mbpsは出ています。楽天モバイルユーザーである私の毎日の体感速度は間違っていなかった!

youtubeやabemaTVなど動画をサクサク見るのに必要な速度は2~3Mbpsなので、楽々クリアしています!

なーんだ、評判と違って楽天モバイル速かった~!!

※東京の都市部はもう少し遅いかもしれませんし、地方都市ではさらに速い可能性があります。


 楽天モバイルの公式ページを見てみる⇒ 楽天モバイル公式サイト

楽天モバイルのプランやメリットデメリットの記事はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA