無制限プランのある格安SIM7社|高速通信かつ速度制限のない無制限プランもご紹介

毎月速度制限にかかることが多い…
動画やPCとのテザリングなど大きなデータ量を消費する…

このような方の中には、データ無制限プランを検討している方もいるのではないでしょうか?

ただし、多くの場合”低速通信限定””〇日間で〇GB超えると通信制限”など、条件付きの無制限プランであることが多いです。

そこでこの記事では、後悔のない格安SIMを選べるよう、それぞれの無制限プランの特徴や条件を分かりやすく解説していきます。

ぜひ参考にしていただければ幸いです。

無制限プランを提供している格安SIM7社

意外にも、無制限プランを提供している格安SIMは多いです。

筆者が調査した中では、下記の7社が見つかりました。

  • UQモバイル
  • U-mobile
  • DTI SIM
  • スマホドックモバイル
  • @モバイルくん。
  • ピクセラモバイル
  • 楽天モバイル

UQモバイルや楽天モバイルなどメジャーな格安SIMの他に、はじめて名前の聞くようなマイナーな格安SIMもありますね。

では、それぞれの格安SIMをカテゴリー別に分けていきたいと思います。

カテゴリーは下記の4つです。

  • 高速通信×速度制限なし
  • 高速通信×速度制限あり
  • 低速通信×速度制限なし
  • 低速通信×速度制限あり

上から順に条件が良いものとなっています。

では、それぞれ該当する格安SIMを見ていきましょう。

高速通信×速度制限なし|動画もゲームも気にせず使い放題

まずは、一つ目の「高速通信×通信制限なし」の格安SIMです。

そんな条件の良い格安SIMがあるの?と疑ってしまいそうですが、実は1社だけあります。

それが、スマホドックモバイル。

あまり知名度は高くありませんが、特徴を見ていくと意外とメリットの多い格安SIMだということが分かります。

では、さっそく見ていきましょう。

スマホドックモバイル|知名度は低いが優秀な無制限プラン

スマホドックモバイルは、株式会社オフィス24が運営している格安SIMです。
※格安SIM以外にも、パソコン修理事業や人材派遣事業など様々な事業を手掛けています。

さて、そんなスマホドックモバイルが提供している無制限プランは下記のとおりです。

スマホドックモバイル
回線 ドコモ
ソフトバンク
プラン名 ドコモ:ギガドック∞無制限プラン
ソフトバンク:ギガドック無制限プラン
料金 音声:5,280円(ドコモ)
データ専用:4,380円(ドコモ)
データ専用:4,880円(ソフトバンク)
最大通信速度 上り / 50Mbps
下り / 375Mbps
速度制限 制限なし
最低利用期間 データ専用:なし
音声SIM:1ヵ月

ドコモ・ソフトバンクに回線に対応しており、それぞれ無制限プランを提供しています。

”〇日で~GBまで”という制限なく高速通信できる、文字通りの無制限プランです。

さらに、音声SIMであっても最低利用期間は1ヵ月のみ。

気に入らなければ1ヵ月で解約できるため、お試しで使ってみたい方にもおすすめです。

ただし、契約する際にSIMカードの配送料と本人確認郵便の料金がかかるなど、他の格安SIMと比較すると初期費用が若干高いです。

SIMカード配送料
地域 料金
南九州・北九州 1,100円
四国 1,000円
中国 900円
関西 800円
北陸・東海・信越・関東・南東北 700円
北東北 800円
北海道 1,100円
沖縄 1,740円
本人確認郵便の料金
佐川急便(受取人確認サポート代) 300円

上記のように、通常の初期費用3,000円に加えて「配送料+本人確認郵便の料金」がかかるため、はじめに5,000円くらいは必要になりそうです。

「高速通信×通信制限なし」という大きなメリットはありますが、このようなデメリットもあることを覚えておきましょう。

高速通信×通信制限なしの無制限プランはスマホドックモバイルだけ/

スマホドックモバイルの公式サイトへ 

※スマホドックモバイルの公式サイトへリンクしています。

高速通信×速度制限あり|短期間での使いすぎには要注意

次は、高速通信(通信速度自体に制限はない)はできるけど、〇日間で〇GBという制限がある無制限プランです。

今回調査してみたところ、下記3社の格安SIMが見つかりました。

  • U-mobile
  • DTI SIM
  • ピクセラモバイル

では、一つずつご紹介していきます。

U-mobile|速度制限の基準は非公開

U-mobileは、株式会社U-NEXTが運営しているソフトバンク系格安SIMです。

U-mobileユーザーには、動画サービスU-NEXTで使えるポイントがつくというユニークな特典があるのも特徴です。

では、さっそくU-mobileの無制限プランについて見ていきましょう。

概要は下記のとおりです。

U-mobile
回線 ドコモ・ソフトバンク
プラン名 LTE使い放題
LTE使い放題2
料金 LTE使い放題:2,980円
LTE使い放題2:2,780円
最大通信速度 上り / 50Mbps
下り / 375Mbps
速度制限 非公開(使いすぎると制限あり)
最低利用期間 LTE使い放題:6ヵ月
LTE使い放題2:12ヵ月

まず、最大通信速度は上り50Mbps・下り375Mbps。

あくまで”最大”なので上記の速度が出ることはありませんが、通信速度に対して特に制限はありません。

ただし、気を付けたいのが速度制限の条件。

明確に〇日で〇GBという基準があればいいのですが、U-mobileでは速度制限の基準が非公開となっています。

おそらく、他人より飛びぬけて通信量が多い場合に制限がかかるのだと思いますが、いつ制限がかかるのか分からないのはユーザーとしても不安ですよね。

ちなみに、最低利用期間は先ほどのスマホドックモバイルよりも長く、「LTE使い放題」で6ヵ月・「LTE使い放題2」で12ヵ月となっています。

長く使うと約束すればその分月額料金も安くなる仕組みなので、”1年くらい使う”と思えるのであれば「LTE使い放題2」にした方がいいでしょう。

ただし、先ほども言ったとおり、いつ通信制限がかかるか分からないという不安要素は残っています。

お試し程度に一回使ってみたいのであれば、最低利用期間の短い「LTE使い放題」がおすすめです。

\U-mobileの無制限プランを今すぐチェック/

U-mobileの公式サイトへ 

※U-mobileの公式サイトへリンクしています。

DTI SIM|1日1GBで速度制限に

2つ目は、DTI SIM。

DTI SIMは、株式会社ドリーム・トレイン・インターネットが提供する格安SIMです。

「業界最安値クラス」という宣伝どおり、多くのプランで業界最安値を更新しています。

では、無制限プランについても見ていきましょう。

概要は下記のとおりです。

DTI SIM
回線 ドコモ
プラン名 ネット使い放題
料金 データ専用:2,200円
データ+SMS:2,350円
音声:2,900円
最大通信速度 上り / 50Mbps
下り / 370Mbps
速度制限 200kbps(1日1GBが目安)
最低利用期間 データ専用:なし
データ+SMS:なし
音声:12ヵ月

DTI SIMは「ネット使い放題」というプラン名で無制限プランを提供しています。

先ほどのU-mobileと条件は同じで、高速通信はできるけど一定期間で一定の通信量を越えると速度制限がかかります。

では、どのくらいで制限がかかるのか?というと、少し曖昧ですが1日1GBが目安になっているようです。

明確な通信量は記載されていませんでしたが、口コミ等では1日1GB前後で速度制限がかかっていました。

ちなみに、サポートセンターに問い合わせてみたところ、以下のような回答が返ってきました。

ネットつかい放題プランは、通信量が他の利用者の平均利用容量を著しく超えるときは、 通信速度が一時的に遅くなることがあります。 (制御後の速度は上り下りともに200kbps以下)

制御は毎日00:00に解除されます。

なお、現在の利用者様の平均利用容量から換算すると、1日の通信総量が 1GB程度(※)であれば制御対象にあたりません。

また、DTI SIMサービスの設備上の帯域利用状況によっては、3GB以上ご利用可能な場合もあります。

つまり、1月1日に通信量が1GBを越えた場合、越えた時点で通信速度が200kbpsまで制限され1月2日に変わった途端解除されるということです。

1ヵ月で30GB使えると思うとお得感がありますが、1日の通信量に制限があるため動画やゲームなど大きなデータ量を扱う方には不向きかもしれませんね。

しかし逆にいうと、1日1GB使えれば問題ないという方であれば速度制限もかからないため、無制限プランを最大限楽しめるでしょう。

\DTI SIMの無制限プランを今すぐチェック/

DTI SIMの公式サイトへ 

※DTI SIMの公式サイトへリンクしています。

ピクセラモバイル|直近3日間の通信量で速度制限が決まる

3つ目は、ピクセラモバイル。

株式会社ピクセラが運営しているドコモ回線系の格安SIMです。

初めて名前を聞いた方もいるのではないでしょうか?

では、さっそく無制限プランの概要を見ていきましょう。

ピクセラモバイル
回線 ドコモ
プラン名 高速定額SIM
(データ専用)
料金 1,980円
最大通信速度 上り / 50Mbps
下り / 262.5Mbps
速度制限 200kbps
(直近3日間で3GB)
最低利用期間 6ヵ月

ピクセラモバイルは、過去3日の通信量が3GBを越えると200kbpsまで速度が制限されます。

速度制限は、翌日の1:00から24時間。

このように、直近3日間の通信量が3GBを越えてしまうと常に速度制限がかかった状態になってしまいます。

ただし、1日で使いすぎても残り2日間で調整できるというメリットもあります。

\ピクセラモバイルの無制限プランを今すぐチェック/

ピクセラモバイルの公式サイトへ 

※ピクセラモバイルの公式サイトへリンクしています。

低速通信×速度制限なし|普段使いなら全く問題ない

ここまでで、高速通信が可能な無制限プランは以上です。

ここからは、はじめから通信速度が制限されている”低速通信しかできない無制限プラン”をご紹介していきます。

@モバイルくん。|3G回線で使い放題

まずは、「低速通信×速度制限なし」の無制限プランを提供する@モバイルくん。

SORAシム株式会社が運営している格安SIMで、分かりやすいプランが特徴です。

では、さっそく無制限プランの概要を見ていきましょう。

@モバイルくん。
回線 ドコモ
プラン名 3G回線使い放題プラン
料金 4,000円
最大通信速度 3G回線
速度制限 制限なし
最低利用期間 なし

まず注目すべきは、@モバイルくん。の無制限プランは3G回線限定だということ。

回線の違いは、下記をご覧ください。

現代の主流は4Gなので、3Gは一つ前の回線ということになります。

速度制限もなく使い放題とはいえ、4G回線で利用できないため必然的に通信速度は遅くなります。

通信速度でいうと数Mbs~14Mbpsといったところでしょうか。

ただし、1Mbpsの通信速度であれば普段使いには問題ないと言われているため、必ずしもデメリットではありません。

\@モバイルくん。の無制限プランを今すぐチェック/

@モバイルくん。の公式サイトへ 

※@モバイルくん。の公式サイトへリンクしています。

低速通信×速度制限あり|案外お試し程度に使ってみる価値あり

最後は、「低速通信×速度制限あり」の無制限プラン。

何だかデメリットしかないように思えますが、意外にも人気の格安SIMが該当しています。

では、さっそく見ていきましょう。

UQモバイル|送受信500kbpsで使い放題


まずはKDDIグループが運営しているauのサブブランド、UQモバイル。

キャリアとほぼ同じサービスを提供しており、もはや格安SIMと言っていいのかさえ分かりません。

そんなUQモバイルの無制限プランは下記のとおりとなっています。

UQモバイル
回線 au
プラン名 データ無制限プラン
データ無制限+音声通話プラン
料金 1,980円
2,680円
最大通信速度 上り・下り / 500kbps
速度制限 直近3日間で6GB
最低利用期間 データ無制限プラン:なし
データ無制限+音声通話プラン:12ヵ月

データ通信専用の「データ無制限プラン」と音声通話にも対応した「データ無制限+音声通話プラン」の2プランがあり、どちらも通信速度は500kbpsという制限があります。

500kbpsがどのくらいかというと、YouTubeの普通画質であれば何とか視聴できるくらいの速度です。

高画質の動画視聴やテザリングなどは難しいですが、普段使いで料金を抑えたい!という方にはおすすめです。

\UQモバイルの無制限プランを今すぐチェック/

UQモバイルの公式サイトへ 

※UQモバイルの公式サイトへリンクしています。

楽天モバイル|速度制限時でも最大1Mbpsで利用可能

最後は、今一番勢いのある格安SIM、楽天モバイル。

先に言っておくと、楽天モバイルは「無制限プラン」を提供していません。

ただ、楽天モバイル一押しの「スーパーホーダイ」というプランであれば速度制限時も1Mbpsで利用できるため、実質無制限みたいなものだよね、ということでご紹介していきます。

では、「スーパーホーダイ」の概要を見ていきましょう。

楽天モバイル
回線 ドコモ
プラン名 スーパーホーダイ
料金 2,980円~6,980円
最大通信速度 速度制限時でも1Mbps
速度制限 300kbps(12:00-13:00 / 17:00-18:00)
最低利用期間 1年~

通常、速度制限時は200kbps~250kbpsまで速度が制限されることが多いのですが、「スーパーホーダイ」では速度制限時も1Mbpsで利用することができます。

実際、楽天モバイルに伺い1Mbpsがどんなものか見せてもらったのですが、普通画質(360p)の動画であれば止まらず視聴することができました。

また、LINEやネットサーフィンも全く問題なかったため、速度制限が来てもそこまで不便に感じなさそうだなと思いました。

ただし、ずっと1Mbpsで使えるのかというとそうではなく、12:00-13:00・17:00-18:00の回線が混み合う時間帯は300kbpsまで制限されます。

また、他の格安SIMよりも若干割高です。

  プランS プランM プランL プランLL
データ通信量 2GB 6GB 14GB 24GB
通常料金 2,980円 3,980円 5,980円 6,980円
楽天会員割+長期割(3年) 1,480円 2,480円 4,480円 5,480円

ただし、”楽天会員かつ1Mbpsで通信できればいい”という方であればプランSでも十分なので、1,480円でデータ使い放題になります。

\楽天モバイルのスーパーホーダイを今すぐチェック/

楽天モバイルの公式サイトへ 

※楽天モバイルの公式サイトへリンクしています。

特定のサービスが無制限の格安SIMもある

さて、ここまでで無制限プランを提供している格安SIM7社をカテゴリー別にご紹介していきました。

ではここからは、補足的に「特定のサービスだけ使い放題」の格安SIMをご紹介していきたいと思います。

このサービスの通信量が減れば毎月のスマホ料金を下げられるのに…と悩んでいるのであれば、ぜひ参考にしていただければ幸いです。

BIGLOBEモバイル|エンタメフリーでYouTube見放題

BIGLOBEモバイルが提供する「エンタメフリーオプション」に申し込むと、YouTubeやU-NEXTなど対象の動画・音楽サービスが使い放題になります。

エンタメフリーオプションの料金は、音声通話SIM:月額480円/データ専用SIM:月額980円。

では、対象サービスを見ていきましょう。

動画配信 YouTube / YouTube Kids / AbemaTV / U-NEXT
音楽・ラジオ Google Play Music / YouTube Music / Apple Music / Spotify / AWA / Amazon Music / LINE Music / radico.jp / らじる★らじる
コミュニケーションアプリ Facebook Messenger

なかなかのラインナップですね。

特にYouTubeをよく視聴する方は、オプション料金を支払ってでもカウントフリーにした方が結果的に安く済むこともあります。

※エンタメフリーオプションはあくまで通信量がカウントされないというだけなので、有料サービスは各社に料金を支払う必要があります。

\BIGLOBEモバイルのエンタメフリーオプションを今すぐチェック/

BIGLOBEモバイルの公式サイトへ 

※BIGLOBEモバイルの公式サイトへリンクしています。

LINEモバイル|SNSがカウントフリー

あのLINEが運営しているLINEモバイルでは、SNSの通信量がカウントフリーになります。

カウントフリーになる対象SNSは下記のとおり。

プラン名 対象SNS
LINEフリープラン LINE
コミュニケーションフリープラン LINE
Twitter
Facebook
Instagram
MUSIC+プラン LINE
Twitter
Facebook
Instagram
LINE MUSIC

一番人気の「コミュニケーションフリープラン」では、LINEをはじめ日常で主に使うSNSがすべてカウントフリーになります。

特に、Instagramは画像や動画で通信量が大きくなる傾向があるためよく使う人には嬉しいですよね!

これだけでも十分なのですが、もし速度制限にかかった場合でも上記のSNSは速度制限にかからないんです。

通常通りSNSは利用できるため、速度制限が原因で写真や動画をアップできなかった!ということもありません。

\LINEモバイルを今すぐチェック/

LINEモバイルの公式サイトへ 

※LINEモバイルの公式サイトへリンクしています。

まとめ

様々なタイプの無制限プランをご紹介していきましたが、いかがでしたでしょうか?

最後に、今までのポイントをまとめていきたいと思います。

カテゴリー 格安SIM おすすめポイント
高速通信×速度制限なし スマホドックモバイル 最低利用期間1ヵ月なのでお試し感覚で利用できる
高速通信×速度制限あり U-mobile ソフトバンク端末をそのまま利用できる
DTI SIM 速度制限にかかっても翌日にはすぐ解除される
ピクセラモバイル 3日間で通信量を調整できる
低速通信×速度制限なし @モバイルくん。 3G回線で使い放題
低速通信×速度制限あり UQモバイル キャリアと同等のサービスを受けられる
楽天モバイル 速度制限時でも1Mbpsで通信可能
特定のサービスが無制限 BIGLOBEモバイル 対象の動画・音楽配信サービスの通信量がカウントフリー
LINEモバイル SNSの通信量がカウントフリー

それぞれのメリット・デメリットを把握した上で、最適な格安SIMを選んでくださいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA