5分でわかるLINEモバイル|料金プラン・端末・注意点などすべてをご紹介

linemobile ラインモバイル 格安SIM

ソフトバンク回線にも対応し、一気に知名度を上げているLINEモバイル。

普段LINEを利用している方にとっては、とても親しみやすい格安SIMですよね。

しかし、中には

実際、LINEモバイルってそもそも何?
LINEモバイルにしたらおトクなの?
乗り換えの手続きが難しいのでは?

と感じている方もいるのではないでしょうか。

結論から申し上げますと、下記に該当するなら今すぐ乗り換えるべきです。

  • LINEやInstagramなどのSNSをよく使う人
  • LINEのサービスをよく利用する人
  • ソフトバンクで購入した端末を持っている人

今回の記事では、料金プランや取り扱い端末・申し込みの流れなどLINEモバイルにまつわる全てを分かりやすく解説していきます。

LINEモバイルについてまるっと知りたい方の参考になれば幸いです。

LINEモバイルとは?5つの一押しポイント

LINEモバイルとは、今や日常のやり取りには欠かせないLINEが運営する格安SIMです。

2016年3月に市場に参入した比較的新しい格安SIMですが、元々の知名度と圧倒的な信頼感で劇的にユーザー層を広げています。

また、格安SIMではLINEのID検索ができないので友達登録は「ふるふる」か「QRコード」をメールで送るしか方法はありませんでしたが、LINEモバイルでのみID検索が可能に!

LINEモバイルは店舗はありませんが、ヨドバシカメラとビックカメラではSIMカード即日受渡可能カウンターが設置されています。

店舗ではスタッフに気軽に質問することができるので安心です!

そして何といってもLINEモバイルの大きな特徴はLINE、Twitter、Facebook、Instagramが使い放題になること!

「カウントフリープラン」でSNSが使い放題

LINEモバイルには、「カウントフリープラン」というSNSのデータ通信量がカウントされないプランがあります。

どれだけ長時間LINEでビデオ電話をしても、どれだけInstagramに写真を投稿しても、月のデータ通信量は減らないのです。

SNSをフル活用しているユーザーにとっては大きなメリットではないでしょうか?

ちなみに、カウントフリープランの対象となるSNSは以下のとおりです。

プラン名 対象SNS
LINEフリープラン LINE
コミュニケーションフリープラン LINE
Twitter
Facebook
Instagram
MUSIC+プラン LINE
Twitter
Facebook
Instagram
LINE MUSIC

これだけでも大きなメリットですが、さらにスゴイのが通信制限時も対象SNSは高速通信のまま利用できるという点。

”通信制限は誰ともLINEできなくてつらい…”というストレスなく利用できるのがLINEモバイルの最大の特徴です。

データを分け合える「データプレゼント機能」

「データプレゼント」というユニークな機能で、余ったデータ通信量を他のLINEモバイルユーザーにプレゼントすることができます。

この機能のメリットは、LINEモバイルユーザーであれば誰とでもシェアできるということ。

家族とだけシェアできるファミリーシェアプランとは違い、文字通り”誰とでも”シェアすることができるのです。

フィルタリングアプリが無料で利用できる

LINEモバイルでは、「フィルタリングアプリ」を無料で利用することができます。

フィルタリングアプリとは、利用者が意図しないインターネットの危険にさらされるのを防ぐためのアプリのことで、18歳未満の方は必ずインストールする必要があります。

人気フィルタリングアプリの一つである「i-フィルター」は通常月額300円かかるのですが、LINEモバイルでは何と無料で提供されているんです。

そのため、お金をかけずに安全なインターネットライフを送ることができます。

クレジットカードなしでも支払い可能

LINE Payという支払い方法を使うことによって、クレジットカードなしでも支払いが可能です。※クレジットカードを登録することも可能。

「LINE Payカード」というプリペイドカード(前払い方式)を申し込むかコンビニで購入し、事前にチャージして使います。

チャージしてある残高から実店舗での買い物にも利用でき、ポイントも貯まります。

チャージは銀行口座から、またはコンビニで現金でも可能です。

しかも、LINEモバイルユーザー同士なら送金ができます!

送金依頼も送れて割り勘もキャッシュレスでさくっと簡単なのはかなり便利!

通話定額「10分かけ放題」がある

LINEモバイルでは、月額880円で「10分かけ放題」オプションをつけることができます。

かなり電話を使うという人にとってはおすすめです。
※「10分かけ放題」の詳細は後ほどお伝えします。

LINEモバイルは総じて高評価

ではここで、LINEモバイルの評判も見ていきましょう。

Twitterを参考にしたところ、総じてポジティブな意見が多い印象でした。

特に、LINEモバイルのソフトバンク回線はまだ利用者数が少ないからか、ドコモ回線・au回線系の格安SIMに比べると通信速度が速い傾向があります。

LINEモバイルの3つの料金プラン

LINEモバイルの特徴や評判が分かったところで、ここからは具体的な料金プランなどをご紹介していきたいと思います。

LINEモバイルには、「LINEフリープラン」「コミュニケーションフリープラン」「MUSIC+プラン」の3つのプランがあります。

では、それぞれの料金プランを一覧で見ていきましょう。

気軽に申し込めるLINEフリープラン

LINEフリープランとは、LINEのトークなどのデータ消費がゼロになるプランです。

500円とワンコインで始められる手軽さが売りで、月額データ量は1GBとなっています。

LINEフリープラン
(対象SNS:LINE)
データ容量 データSIM SMS付きSIM 音声通話SIM
1GB 500円 620円 1,200円

普段ほぼLINEしかしないよ~という方は、LINEフリープランで毎月のスマホ料金をグンっと抑えることができます。

ただし、別途通話料金やオプション料金はかかります。

断トツ人気のコミュニケーションフリープラン

aaa

コミュニケーションフリープラン
(対象SNS:LINE / Twitter / Facebook / Instagram)
データ容量 データSIM SMS付きSIM 音声通話SIM
3GB 1,110円 1,690円
5GB 1,640円 2,220円
7GB 2,300円 2,880円
10GB 2,640円 3,220円

音楽も楽しめるMUSIC+プラン

aaa

MUSIC+プラン
(対象SNS:LINE / Twitter / Facebook / Instagram / LINE MUSIC)
データ容量 データSIM SMS付きSIM 音声通話SIM
3GB 1,810円 2,390円
5GB 2,140円 2,720円
7GB 2,700円 3,280円
10GB 2,940円 3,520円

他格安SIMとの月額料金比較

ではここで、LINEモバイルのプランと他の格安SIMの月額料金をそれぞれ比較してみたいと思います。

1GBは「LINEフリープラン」、3GB~10GBは「コミュニケーションフリープラン」で比較していきます。

1GB比較|LINEモバイルが最安値を更新

1GBは動画や3Dゲームは無理ですが、メールや地図・インターネットは問題なくできる容量です。

データ量1GBの月額料金比較
格安SIM
(公式サイト)
データSIM SMS付きデータSIM 音声通話SIM
LINEモバイル  500円 620円 1,200円
mineo(Dプラン) 800円 920円 1,500円
エキサイトモバイル  670円 810円 1,370円
DMMモバイル  480円 630円 1,260円
DTI SIM  600円 750円 1,200円

※DMM mobileはシングルコースの月額料金です。

1GBでの比較はLINEモバイルががんばっています、データ通信+SMSと データ通信+音声で最安値を獲得!

データ通信SIMではDMMモバイルが最安480円です。

さらにLINEモバイルはSNSのデータ通信料がかかりませんので、1GBでは断トツの最安です!

3GB比較|低価格で定評のあるDTI SIMが優勢

3GBとは、出先でちょっとした動画を見たりゲームもできる容量で、多くの人が3GBで足りるという格安SIM全体でもっとも売れているデータ容量です。

データ量3GBの月額料金比較
格安SIM
(公式サイト)
データSIM SMS付きデータSIM 音声通話SIM
LINEモバイル 1,110円 1,690円
mineo(Dプラン) 900円 1,020円 1,600円
エキサイトモバイル 900円 1,040円 1,600円
DMMモバイル 850円 1,000円 1,500円
DTI SIM 840円 990円 1,490円

※DMM mobileはシングルコースの月額です。

3GBではLINEモバイルはデータ通信のみのSIMはありません。

すべてのプランでDTI SIMが最強、最安値です!

5GB比較|100円以上安いDMMモバイルの一人勝ち

5GBはガッツリ動画見る・ゲームやる人向けの容量で、自宅にWiFi環境のない人も5GBだけですますことも可能な容量です。

データ量5GBの月額料金比較
格安SIM
(公式サイト)
データSIM SMS付きデータSIM 音声通話SIM
LINEモバイル 1,640円 2,220円
DMMモバイル 1,210円 1,360円 1,910円
DTI SIM 1,220円 1,370円 1,920円

※DMM mobileはシングルコースの月額です。

5GBプランのある格安SIMは少な目、DMMモバイルが1人勝ちの最安値です。

7GB比較|200円以上の差をつけてDMMモバイルの圧勝

7GBはキャリアで利用する人が多く契約している容量で、ほとんどの人が余らせている容量です。7GBあれば出先でのPCテザリングも可能です。

データ量7GBの月額料金比較
格安SIM
(公式サイト)
データSIM SMS付きデータSIM 音声通話SIM
LINEモバイル 2,300円 2,880円
DMMモバイル 1,860円 2,010円 2,560円

※DMM mobileはシングルコースの月額です。

7GBも希少なプラン、こちらもDMMモバイルが最強です。

DMMモバイルはこういうメジャーでない隙間な容量に強い格安SIMです。

10GB比較|やっぱりDTI SIMが安かった

10GBは大容量プランと呼ばれていて、一人で利用するには高画質動画・3Dゲームを毎日長時間やる人向け、または家族で容量を分け合うのに利用される容量になります。

LINEモバイルには複数SIM契約やファミリーシェアプランはありませんが、誰にでも自分の容量をシェアできる機能「データプレゼント」があります。

データ量10GBの月額料金比較
格安SIM
(公式サイト)
データSIM SMS付きデータSIM 音声通話SIM
LINEモバイル 2,640円 3,220円
mineo(Dプラン) 2,520円 2,640円 3,220円
DMMモバイル 2,190円 2,340円 2,890円
DTI SIM 2,100円 2,250円 2,800円

※DMM mobileはシングルコースの月額です。

ここでも3GBで最安値だったDTI SIMが断トツの最安値です!

LINEモバイルの人気オプション料金一覧

ここでは、LINEモバイルの人気オプション料金と概要をまとめています。

オプション 月額料金 概要
端末保証 450円 最低限の金額で端末交換・修理代金をカバーできる

【修理代金】
1回目:5,000円
2回目:8,000円

持ち込み端末保証 500円 50,000円までを上限に、お持ちの端末(Android / iPhoneどちらも対応可)の修理代金等をカバーできる

【修理代金】
1回目:4,000円
2回目:8,000円

※10分電話かけ放題 880円 1回10分までの国内通話がかけ放題になる
Wi-Fiオプション 200円 全国49,000ヵ所のWi-Fiスポットを利用できる
ウイルスバスターオプション 420円 ウイルスや不正サイトの脅威を防ぐセキュリティサービス
LINE MUSICオプション これから申し込む方:500円
LINEモバイルユーザー:750円
定額制音楽聴き放題サービス「LINE MUSIC」をお得に利用できるサービス

10分かけ放題オプションはコスパ抜群

音声通話付きSIMには、月額880円で「10分かけ放題オプション」を付けることができます。

880円払うのか…と思うかもしれませんが、実はコスパ抜群。

下記に一つでも該当する方は必ず申し込みましょう。

  • 月に22分以上通話時間がある人
    (ただし、1回の電話が10分以内で終わることが前提)
  • 発信元の携帯番号を相手に通知したい人
  • 複数の通話アプリを使い分けるのが面倒な人

通常の通話料金は30秒20円なので、22分間が分かれ目になります。

もし、自分の通話時間が分からない場合はこちらの記事を参考にしてみてください。
一か月のスマホの通話時間の確認方法 | au,docomo,ソフトバンク別に紹介 

また、050番号発信などでさらに安くなる通話アプリもあります。
通話が安くなる通話アプリの選び方|ネット通話、IP電話、電話回線利用別に解説 

LINEモバイルで購入できる端末・対応端末

SIMフリースマホLINEモバイルのSIMで利用できる端末は下記の4種類です。

  • LINEモバイルでセット購入した端末
  • ドコモで購入した端末
  • ソフトバンクで購入した端末
  • SIMフリー端末

LINEモバイルはdocomo回線

LINEモバイルではdocomoの回線を利用していますので、docomoで購入されたスマホはすべて使用可能です。

また、全国のdocomoの基地局を利用できますのでつながりやすさはdocomoと同じです。

LINEモバイルで iphoneは使える?

iphoneもdocomoで購入かSIMフリーiphoneならば利用できますので iphone7も利用可能です!

SIMロック解除をすればau、ソフトバンクのiPhoneでも利用可能です。

  SIMフリー版 docomo版 au版 SoftBank版
iPhone 7 Plus
iPhone 7
iPhone SE
iPhone 6s Plus
iPhone 6s 〇※ 〇※
iPhone 6 Plus × ×
iPhone 6 × ×
iPhone 5s × ×
上記以外の
iPhone
動作確認
未実施
動作確認
未実施
× ×

※auのiphone・ソフトバンクのiphoneはSIMロック解除が必要。

※△は動作確認未実施、SIMロック解除が必要。

LINEモバイル公式サイトの動作確認済み端末

au端末のSIMロック解除方法はこちら

ソフトバンク端末のSIMロック解除方法はこちら

※LINEモバイルで同時購入できる端末をスペック別に紹介している記事はこちら⇒LINEモバイルで購入できる端末をスペック別に紹介|格安SIM

LINEモバイルでテザリングするには?

スマホの通信状況

LINEモバイルではテザリングが無料で利用できます!

テザリングが可能かどうかは端末によるところが大きいですので、以下の通り対応可能・不可能があります。

テザリング対応可能端末
docomo端末のSIMフリー機器
docomo端末のiPhone
SIMフリーiPhone
auのiPhone ×
ソフトバンクのiPhone ×
Android端末 SIMフリー端末
Android端末 キャリア端末 ×

LINEモバイルの格安SIMでのテザリングは、docomo端末・SIMフリーのiPhone・SIMフリーのAndroidで可能ということになります。

ちなみにカウントフリープランは、テザリング利用時でも対象になりますので、PCやタブレットでSNSを無料で利用することができます!

LINEモバイルの店舗

LINEモバイルの自社店舗はない

LINEモバイルには自社店舗はありません。(2017年7月現在)

修理やサポートはどうしたら?→後述します。

即日受付窓口はある

全国のビックカメラヨドバシカメラでエントリーパッケージの取り扱いと、SIMカード即日受け渡し受付窓口がある店舗もあります。

※詳しくはLINEモバイルの申し込み方法の記事⇒LINEモバイルの申し込み方法|ウェブ申込・窓口申込・エントリーパッケージ

LINEモバイルの修理・サポート受付は?

LINEモバイルの修理やサポートの問い合わせには3種類あります。

  • メールフォーム
  • 電話・チャット
  • LINEモバイル公式アカウントヘルプ

3のLINEモバイル公式アカウントでは、あらかじめ友達登録しておくことによって、LINEのトーク画面で問合せを受付してくれます。

LINEモバイル公式アカウントから、LINEのトークを使って年中無休でお問い合わせいただけます。

オペレーターへのお問い合わせ:10:00~19:00
自動応答:24時間< LINEモバイル カスタマーセンター
0120-142-275
受付時間:10:00~19:00(年中無休)
携帯電話/スマートフォンからもご利用いただけます

LINEモバイルを契約する際の注意点

LINEモバイルを契約する上での注意点や対処法をお伝えしていきたいと思います。

注意点  対処方法
選べるデータ容量が少ない データ用容量の追加購入、家族や友人とデータプレゼントする。
同時購入の端末の分割支払いがない 一括購入後にクレジットカードで分割支払いにする。
SMS機能なしプランがひとつしかない アンテナピクト問題から無駄なバッテリー消費を防げるので付けた方がお得。
エントリーパッケージ申込が厳しい 一度エントリーコードを入力してしまうとどのような場合にも再使用不可

この中でもっとも重要な注意点は、格安SIMと同時購入した場合の端末代金の分割支払いができない、という点です。

これについては、クレジットカードの分割支払いサービスを使うのが対処法になります。

また、確かにデータ容量別プランは多いとはいえませんが、少ないがためにシンプルで格安SIM初心者にもわかりやすくなっているのも事実です。

エントリーパッケージについて※詳しくはLINEモバイルの申し込み方法・エントリーパッケージの記事はこちら。

LINEモバイルの申し込み方法

申し込み方法は3つあります。

  • 店舗でエントリーパッケージを購入してから公式サイトより申し込み
    → 後日SIMカード到着。
  • SIMカード即日受け渡し窓口がある店舗で申し込み
    → 即日SIMカード受け取り可能。
  • 公式サイトの申し込みページより申し込み
    → 後日SIMカード到着。

それぞれかかる手数料や日数も違いますので、注意しましょう。※詳しくはLINEモバイルの申し込み方法・エントリーパッケージの記事はこちら。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA