5分で分かる楽天モバイルの特徴|料金プラン・メリットデメリット・解約金・使える端末・おすすめな人

楽天モバイル 格安SIM メンバーズステーション 楽天モバイルアプリ

楽天モバイルは、みなさんご存じのネット通販大手 楽天市場を運営している、楽天コミュニケーションズ運営のdocomo回線を利用した格安SIMです。

いろんなキャンペーンやCMをたくさん打っているので認知度が高く、格安SIMといえば楽天モバイルと思い浮かべる人も多いかもしれません。

このページは約5分程度で読んでいただけます、読み終わると楽天モバイルの料金プラン・契約方法・メリット・デメリットやら解約金・使える端末・便利情報・格安SIMでの立ち位置などがわかるようになっています!

目次

料金プランは平均的

楽天モバイルの月額料金を容量プラン別に見ていきましょう。

  音声通話SIM 050データSIM(SMS)
(データ専用SIM(SMS))
データ専用SIM
SMSなし
ベーシックプラン 1,250円 645円 525円
3.1GBプラン 1,600円 1,020円 900円
5GBプラン 2,150円 1,570円 1,450円
10GBプラン 2,960円 2,380円 2,260円
20GBプラン 1,750円 4,170円 4,050円
30GBプラン 6,150円 5,520円 5,450円

データ容量プランはこれだけ!のシンプルなプランです。

格安SIMでは少ない方で、iijmioと同じプラン構成になっています。→ IIJmioの公式サイトを見てみる

ほとんどの格安SIMで3GBプランが1,000円以下から利用できるということを考えると、すごーーーく安くもなく、かといって高い方でもない平均的な月額です!

楽天モバイルは月額の安さは売りにはしていない様子ですね。

ベーシックプランは特徴がない

ベーシックプラン最大200kbpsの無制限 低速データ通信専用で、高速データ通信は使えないプランです。

高速データがついていないとはいえ、音声通話SIMが1,250円から使うことが出来るのは業界最安値レベルです!

楽天モバイルはバースト機能がありますので、低速通信でも体感的にはサクサクとページの閲覧ができるようになっているのが嬉しいところです。

低速通信でもメールやLINEは問題なくできますので、ほとんどスマホを使わない人で、自宅にwifi環境がある人向けのプランです。

困るのがちょいちょい来るアプリのアップデートで、意外に大量データを消費するので、wifi環境がないと対応できなくなります。

しかし、1GBで最安はDMMモバイルの480円がありますし、LINEするだけならLINEモバイルの1GBのLINEフリープランならLINEに使うデータは無料になりますので、楽天モバイルのベーシックプランは、そんなに魅力的ではないような…

強いて言うなら、2017年4月で通信制限が撤廃されましたので、低速で通信制限がある格安SIMよりは絶対に楽天モバイル!です。

※低速時にも通信制限があるのはiijmio、DMMモバイルです。

データ専用SIMの月額料金を比較した表です↓

MNVO 低速使い放題のプラン 月額 最大速度 公式ページ
DMMモバイル データSIMライトプラン 440円 200kbps ⇒ DMMモバイル公式サイト
楽天モバイル ベーシックプラン 525円 200kbps ⇒ 楽天モバイル公式サイト
ワイヤレスゲート 480円プラン 480円 250kbps ワイヤレスゲート公式サイト 
OCNモバイルONE 500kbpsコース
(15GBまで)
1,800円 500kbps OCNモバイルONE
UQモバイル データ無制限 1,980円※ 500kbps ⇒ UQモバイル公式サイト

最大速度とはいうものの、約束された速度ではないので実際には開きがあります…。

あとは高速切り替え機能・バースト機能が使えるかどうかが選ぶポイントになります。

楽天モバイルの3GBは3.1GB

3gbスマホユーザーの8割が3GB以下しか使っていないため、一般的なデータ容量は3GBプランで、どの格安SIMでも必ずといっていいほど3GBプランがあります。

そんな3GBプランですが、楽天モバイルは3.1GBプランになっており、100MBのおまけがついているのが嬉しいですね!

3.1GBの月額が900円というのは、安くも高くもない平均的な月額です。

格安SIMで唯一の完全かけ放題サービス

楽天モバイルといえばかけ放題サービス!!

格安SIMは通話料が高いというイメージを払拭したオプションです。

さかんにCMを打っていますのでご存じの方も多いと思いますが、これまであった5分間かけ放題850円/月とは別に、楽天でんわかけ放題2,380円/月という、格安SIMで唯一の条件の無い完全なかけ放題が始まりました。

ほぼキャリア並みのかけ放題なのですが、違いは1点、通話アプリ「楽天でんわ」を介したプレフィックス方式の通話方法だということです。

ちなみに相手に表示される電話番号は、通常の自分の携帯番号です。

格安SIMの条件付きかけ放題(通話定額制)というのはすべて、こうした専用通話アプリからの発信になっています。※アプリ以外でも通話可能。通常のスマホ通話で7桁のプレフィックス番号を頭に付けて発信し、都度都度7ケタ付けるか、7ケタ付けて保存しておく必要あり。

通話アプリでできないことは、緊急通報・フリーダイヤル・ナビダイヤルへの発信です。

もれなく楽天でんわもこれらはできませんので、スマホに装備の通話機能を使って、別に発信しなくてはなりません。

コミコミプランは通話とスマホ付きプラン

※2017年9月1日で受付を終了しました。

月額のプラン以外に、コミコミプランという「高速データ通信」+「音声通話(5分かけ放題つき)」+「SIMフリースマートフォン」がすべてセットになったというもの!

かなりお得なので、格安SIMとスマホ同時購入で音声通話定額も付けたい人、ならばおすすめです。

しかし、5分かけ放題850円/月が本当に必要かどうか、自分の普段の通話時間を調べておく必要があります。調べ方はこちらのページ

楽天モバイルの評判と実際

楽天モバイル、安い安い言うわりに、実際はもっと安い格安SIMはたくさんあるので、安いのはキャリアと比べて安い、というのが実際です。

また、速さの評判は遅い遅いの一本やりでしたが、実際には計測したら十分速かった!※関連記事⇒楽天モバイルの実測は速かった|格安SIMの速度

しかし、速さや料金の安さのみで格安SIMを決めるのかというと、それは早計です。

速さや月額以外の実際のメリット・デメリットを詳しく見ていきましょう!

楽天モバイルのメリット

  • 実店舗がある
  • サポート方法が多数、厚い
  • 業界初の完全かけ放題あり
  • 取扱い端末が多い
  • キャンペーンが多い
  • クレカ以外の支払い方法あり
  • 楽天ポイントが貯まる
  • 複数SIMでシェアできる

実店舗あり、増加中

楽天モバイルは、格安SIMの中でもいち早く実店舗が作られ、現在も増加中です。

格安SIM初心者にとっては、気軽に質問もできたり端末を触ってみることのできる店舗があるのは安心材料のひとつです。

店舗では新規契約の他、SIMカードのサイズ変更・交換・再発行の受付なども行っています。

サポート厚め、無料訪問あり

店舗以外でもサポートは多く、電話はもちろん公式サイトにはチャットヘルプもありますしメールでも受け付けています。

2017年9月現在、電話で申し込む「ご自宅出張申込」で出張サポートを無料で依頼することもできます

有料では、設定や使い方を電話でサポートしてくれる「あんしんリモートサポート」が月額500円です。

選べる端末の多さは断トツ

また、楽天モバイルの取り扱い端末は最新スマホが18機種(2017年9月現在)!

その多さから、楽天モバイル限定のモデルやカラーがあるほどです。

HUAWEIの高性能スマホ、ZenFoneはもちろん、国産ではシャープのAQUOS、富士通の arrowsもそろえ、話題のZTE BLADE E01もラインアップしています。

しかもスマホ以外にもタブレットやwifiルーター、スマートデバイスもそろえており、途中で機種を変更や追加したくなっても選択肢の幅は格安SIMで最大クラスです。

キャンペーンが多い

月額というより端末の料金が割引になっているのがほとんどです。

格安SIMとスマホの同時購入を検討されている人はキャンペーンをねらえばかなり安くなりますので、要チェックです。

逆にキャンペーンがほとんどないのはiijmioです。⇒ IIJmio公式サイト 

クレカ以外にも支払い方法多い

格安SIMの支払い方法にクレジットカードを指定しているMVNOは多く、ほぼ身分証明代わりになっている感があります。

そんな中でもクレカ以外の支払い方法がある格安SIMもあり、楽天モバイルはその中でもデビットカード楽天スーパーポイント口座振替、と支払い方法の選択肢がもっとも多い格安SIMです。

利用できるデビットカードは楽天銀行とスルガ銀行になります。

クレジットカードを作りたくない人や、楽天ポイントで支払いがしたい人にはおすすめです!

データシェアプランで裏ワザも

楽天モバイルでは、最大5回線でデータシェアプランに入ることができます。

データシェアプランの始め方は、オーナーとなる楽天モバイルユーザーが家族でも誰でも楽天モバイルユーザーを招待し、承認されたら完了です。

オーナーは、全体で余ったデータを翌月にそれぞれ振り分けるなど管理することが必要になります。

ちなみに、データが余らなければシェアはできませんので、使いすぎるユーザーばかり集まっても意味なし、使いすぎる人と余る人がバランスよく加入していることが大事です。

そして裏ワザ、低速データ通信のみのベーシックプランの人が加入し余った高速データをもらうことで、なんとベーシックプランでも高速データが使えるという利点があります!

楽天モバイルのデメリット

  • SIM複数契約の容量シェアができない
  • 最安な訳ではない
  • 容量プラン少ない
  • キャリアメール使えない
  • プラン変更や解約が期間限定

複数SIMでのシェアはできない

楽天モバイルは、1人あたり5回線(SIMカード5枚)の契約ができますが、それぞれ新規契約となり、SIMカード間でのデータシェアはできません。

データシェアするには、1回線100円/月でひとりでデータシェアプランに入るという使い方もできます。

似たプランにmineoの「パケットシェア」があります。⇒ mineo公式サイト

すごく安くはないけどそこは売りじゃない

スマホの最低利用期間と解約料金

もちろんキャリアから乗り換える人にとっては確実に安くなりますが、格安SIM全体でみると楽天モバイルはそこまで安くはありません。

業界最安値といばDTI、DMMモバイル、楽天モバイルはむしろ安値は売りではなく、かけ放題や端末で勝負する格安SIMです。

⇒ DTI SIM公式サイト 

⇒ DMMモバイル公式サイト 

選べる容量プラン少ないが必要ない

たしかに、小刻みに容量プランがあるDMMモバイル、エキサイトモバイル、b-mobileなどとくらべても、もう少し多いiijmioやLINEモバイルとくらべても、格安SIM全体でみても楽天モバイルの容量プランは少ないです。

しかし!楽天モバイルがサポート厚く店舗も増やし、格安SIM初心者層をターゲットにしている場合、このシンプルな容量プランはわかりやすく利用しやすい、という一面もあるのです。

他の、初心者におすすめできる格安SIMでも同様に、プランはシンプルでわかりやすくなっています。

シンプルプランの格安SIM⇒ mineo公式サイト 

シンプルプランの格安SIM⇒ IIJmio公式サイト 

容量プランが小刻みに多くあるのが必要なのは、自分の使うデータ容量をこまかく把握できている熟練スマホユーザーで、先々の使用予定も加味して月ごとに容量プランを変えたりと、自分にぴったりカスタマイズできる人です。

小刻みにプランがある格安SIM⇒ DTI SIM公式サイト 

小刻みにプランがある格安SIM⇒ DMMモバイル公式サイト 

格安SIMではキャリアメールが使えない

他の格安SIMと同様に楽天モバイルでも、キャリアでできていたことがすべてできるわけではないのはご存知ですね?

キャリアメールは使えませんし、家族割もありませんし、基本的に通話定額はありません。※格安SIMの通話定額制かけ放題は通話方式が異なります。

詳しくはこちらのページ

プラン変更・解約が期間限定

いつでも変更・解約が反映される訳ではありませんので注意が必要です。

プラン変更:毎月26日00:00~月末23:59はできない

解約:当月16日~翌月15日受付分が翌月末日に解約される

楽天モバイルで使える端末

では、実際に楽天モバイルのSIMカードを挿して使えるのはどういった端末なのか紹介します。

docomoの端末

楽天モバイルはdocomo回線を利用しているため、docomoの端末ならiPhoneでもSIMロック解除せずそのまま使うことができます。

ソフトバンク・auの端末

2015年5月1日以降に発売された端末ならSIMロック解除が可能なので、各キャリアでSIMロック解除の手続きをしてから、楽天モバイルのSIMカードを挿して使います。

SIMフリーiPhone

iPhoneApple StoreでSIMフリーiPhoneを購入し、楽天モバイルのSIMカードを挿して使います。

または中古iPhoneをamazonや楽天市場で購入するのもありです。

SIMフリースマートフォン

iPhone以外にもSIMフリースマホはたくさんありますので、家電量販店・amazon、楽天市場で中古端末も購入できます。

中古の端末はdocomoの白ロムを購入しましょう。⇒詳しくはこちらの記事「格安SIMと格安スマホの違いってなに?」

SIMカードと同時購入

SIM 2GB格安SIMとスマホを楽天モバイルで同時購入する場合、回線の相性や動作確認は必要ありません。

テザリングは端末しだい

wifi楽天モバイルのSIMカードでテザリングを利用したい場合、docomoの端末ではできません。

その他のSIMフリー端末は公式では動作確認はされていませんが、テザリングは可能です。

確実にテザリング使用をするには、楽天モバイルで取り扱いのスマホを同時購入されるのがおすすめです。

iPhoneでのテザリングのみ設定が必要になります。公式iPhoneテザリング設定ページ

解約の方法とかかる費用

通話SIMの解約は電話でのみ

毎月15日までに電話で連絡をし、当月16~翌月15日までの受付分が翌月末日に解約されます。

楽天モバイル解約の連絡先 0800-600-4444
通話料無料/携帯電話・PHSからもOK
受付時間9:00~18:00 年中無休

音声通話SIMの最低利用期間は12ヶ月

音声通話SIMの契約のみ、最低利用期間があり、期間以内での解約は契約解除料という、いわゆる解約金がかかります。

楽天モバイルの最低利用期間は最短で12ヵ月、スーパー放題や長期優待ボーナスなどの契約や、契約時に利用したキャンペーンによっても最大36か月あります。

この音声通話SIMの最低利用期間は、ほとんどの格安SIMで12ヶ月が多いので楽天モバイルは平均的です。

音声通話SIMの解約金は9,800円

さて、最低利用期間以内に解約した場合かかる契約解除料は、12ヶ月で9,800円です。

こちらも格安SIMでは平均的な相場です。

※詳しくは公式の解約ページ

データSIMはネットで解約、解約金なし

データ専用SIM(SMSあり、なしどちらも)は楽天モバイル会員サポートページのメンバーズステーションから行います。

「会員メニュー」→「オプションサービスの申し込み」→「オプション解約申請」から手続きできます。

こちらも当月16日~翌月15日まで受付分が翌月末日に解約されます。

解約されるタイミングは上記の期間内受付分は同一となります。

オプション・サービスの解約もメンバーズステーションから手続きできますが、こちらは当月26日~翌月25日まで受付分が翌月末日に解約されます。

いずれも期間限定なので、忘れないよう注意する必要があります。

追加オプション一覧

月額の料金以外に追加で利用できるオプションをリストアップしてみました。

新規利用時オプション

オプション 月額
アドレス帳・写真移行サービス 出張設定プラン
(スマホ同時購入時のみ)
11,000円
端末買い取りサービス(iPhoneのみ新規契約時) (楽天ポイント)

かけ放題オプション

オプション 月額
楽天でんわかけ放題 2,380円
楽天でんわ5分かけ放題 850円

通話関連オプション

オプション 月額
スマート留守電 290円
留守番電話サービス 300円
キャッチホンサービス 200円
転送電話サービス 0円
国際電話(通話料別) 0円
国際ローミング 0円

サポート関連オプション

オプション 月額
①あんしんリモートサポート 500円
②端末保証 500円
①+②
端末保証・あんしんリモートサポートパック
800円
つながる端末保証(持ち込み端末向け) 500円
①データ復旧サービス 300円
②マカフィーモバイルセキュリティ(Android) 300円
①+②
データ復旧・マカフィーマルチアクセスパック
500円
i-フィルターforマルチデバイス(セキュリティ) 300円

便利なオプション

オプション 月額
楽天モバイルWifi byエコネクト 362円
楽天マンガ月額500コース 500円
データシェア(5回線まで) 100円
楽天メール 0円
容量追加パック 100MB(都度) 300円
容量追加パック 500MB(都度) 550円
容量追加パック 1GB(都度) 980円

MNP予約の方法

 

今お使いの電話番号をそのまま楽天モバイルで使いたい人がまずしておくことは、MNP(マイナンバーポータビリティ)の予約番号をあらかじめ取得しておくことです。

有効期限は取得から15日なので、予定を組んで乗り換えする必要があります。

MNP予約はキャリアに予約するだけでとても簡単です!詳しくはこちらの記事にdocomo・ソフトバンク・au別に紹介していますので参考にしてください。

APN設定の方法

 

さて、手元にSIMカードが届いたらまずAPN設定をします。

こちらも手順は下記の通り、とってもかんたん!

SIMカードとスマホを楽天モバイルで同時購入された場合は、すでにAPN設定がされた状態の端末が届きますのでAPN設定は不要です。

ここでAPN設定を行うのは、自分のスマホをそのまま使う場合・自分でSIMフリー端末を準備した場合です。

APN設定には楽天モバイルSIMアプリが便利

まず「楽天モバイルSIMアプリ」をダウンロードします。

Android版はこちらgoogleplay

iPhone版はこちらappstore

立ち上げてアカウント設定をします。

  1. ログインした状態で「メニュー」より「APN設定」をクリック。
  2. 設定する項目の横の「コピー」ボタンを押して「設定画面を開く」ボタンをクリック。
  3. 「+」ボタンを追加して「アクセスポイントの編集」を表示する。
  4. 2でコピーした項目を貼り付けする。
    「名前」「APN」「ユーザー名」「パスワード」「認証タイプ」
  5. 内容を保存し、作成したAPNを選択する。
  6. 端末の戻るボタンでひとつ前の画面「モバイルネットワークの設定」で「データ通信を有効にする」チェックをクリックしオンにして完了。

まとめ|楽天モバイルがおすすめな人

 

格安SIM初心者におすすめ

楽天モバイルは月額は平均ですが、サポートが充実していて店舗も多く、キャンペーンも多いので初心者が乗り換えしやすい格安SIMです。

容量プランもシンプルで、格安SIM初心者にはわかりやすくなっていますし、キャリア並みのサポートやオプションも充実しています。

格安SIMとスマホ同時購入したい人におすすめ

なんといっても楽天モバイルは取り扱い端末の多さが格安SIMで断トツ!!

しかも高性能・最新・国産派・エントリーモデルとさまざまなタイプを取りそろえていますし、話題の最新モデルもすぐに入ります。

同時購入キャンペーンもよくやっていますので、欲しい端末があればおすすめです!

電話をたくさんかけたい人におすすめ

楽天モバイルといえばかけ放題!!

無制限でかけ放題がある格安SIMは楽天モバイルのみです。※2017年9月現在。

5分や10分とか条件をこまかくカウントするのがめんどうな人、長電話が大好きな人、キャリア並みにかけ放題がしたい人には断然おすすめです。

評判と違ってけっこう良かった楽天モバイル、自分に合うかどうか判断できましたか?

少しでも助けになれれば幸いです、あなたにすてきな格安SIMライフを!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA