5分でわかるUQモバイル|料金プランや端末・乗り換え方法などすべてをご紹介

UQモバイル 格安SIM 紹介 

最近、テレビCMなどでよく見かけるUQモバイル。

深田恭子さん・多部未華子さん・永野芽郁さんの美人3姉妹を起用し知名度を上げていますが、実際どんなSIMなのでしょうか?

この記事は、UQモバイルのプランや特徴、メリット・デメリットなど、読んだだけでUQモバイルのすべてが分かる内容となっています。

UQモバイルへの乗り換えを検討している方の参考になれば幸いです。

格安SIMを検討している方は要チェックですよ!

目次

今大注目の格安SIM:UQモバイルってなに?

はじめに、UQモバイルについて少し知識を入れておきましょう。

UQモバイルは、UQコミュニケーションズというKDDIグループの子会社が運営しているau回線系の格安SIMです。
※KDDIグループの子会社なので、厳密には格安SIMではなくサブブランドです。

モバイルWiFiの「UQ WiMAX」でも有名ですよね!

キャリアと同じように「かけ放題プラン」があったり、各種割引が充実していることが特徴です。

では、さっそく詳細を見ていきましょう。

UQモバイルの料金プラン一覧

UQモバイルには、全6種類のプランがあります。

  • おしゃべりプラン
  • ぴったりプラン
  • データ高速プラン
  • データ高速+音声通話プラン
  • データ無制限プラン
  • データ無制限+音声通話プラン

おしゃべり?ぴったり?と困惑しているかと思いますが、一つずつ解説していきますのでご安心ください。

「おしゃべりプラン」「ぴったりプラン」は一押しプラン

UQモバイルには、キャリアのようなかけ放題プラン付きの一押しプランが用意されています。

それが、「おしゃべりプラン」と「ぴったりプラン」。

UQモバイルが推奨しているプランなので、キャンペーン対象になりやすいことが特徴です。

キャンペーン詳細はこちらの記事をチェック!
UQモバイルのキャンペーン|タダ同然で手に入るスマホもご紹介【2019年1月最新版】

実際、現在大々的に宣伝している「家族割」も上記2プランが対象となっています。

また、後述しますが、これらのプランには「イチキュッパ割」という割引も12カ月間適用されます。

では、月額料金も見ていきましょう。

音声通話SIM プランS プランM プランL
月額料金 1年目
※イチキュッパ割適用
1,980円 2,980円 4,980円
2年目以降 2,980円 3,980円 5,980円
データ量
※データ増量オプション適用
3GB 9GB 21GB
通話 おしゃべりプラン 1回5分以内の国内通話が何度でもかけ放題
ぴったりプラン 60分 / 月 120分 / 月 180分 / 月

このように、短い電話を何回もかける方は「おしゃべりプラン」、頻度は少ないけど1回の電話が長い方は「ぴったりプラン」がおすすめです。

ちなみに「ぴったりプラン」の通話時間を通常の通話料(20円 / 30秒)で計算すると、金額は以下のようになります。

  • プランS(60分)= 2,400円相当
  • プランM(120分)= 4,800円相当
  • プランL(180分)= 7,200円相当

本来通話だけでかなり高額になってしまうのですが、「かけ放題プラン」があることでおトクに利用できるようになっています。

また、上記2プランは毎月同じ料金なので固定費を把握しやすいこともメリットの一つ。

そのため、ほとんど通話しない方以外は「おしゃべりプラン」または「ぴったりプラン」を選択するのが無難でしょう。

\ UQモバイルで詳細をチェックする! /

UQモバイルのキャンペーンサイトへ 

※UQモバイルのキャンペーンサイトへリンクしています。
  

あまり電話をしないなら「データ高速プラン」がおすすめ

先ほどの「おしゃべりプラン」「ぴったりプラン」は、基本料金の中にかけ放題プランが含まれていましたね。

しかし、中には、

「あまり電話をしない…」
「LINEなどの無料通話アプリを利用するのでかけ放題プランはいらない…」

という方もいるかと思います。

そんな方におススメなのが、UQモバイルの「データ高速プラン」。

データ通信専用プランやかけ放題プランが含まれていないプランなど、下記の4プランから選択することができます。

プラン 月額料金 データ容量 通話料
データ高速プラン 980円 3GB
データ高速+音声通話プラン 1,680円 20円 / 30秒
データ無制限プラン 1,980円 無制限
(通信速度:500kbps)
データ無制限+音声通話プラン 2,680円 20円 / 30秒

「データ高速プラン」「データ無制限プラン」はデータ通信専用SIMなので、電話番号が割り振られず当然通話もできません

データ通信専用SIMを申し込む方は、スマホとガラケーで2台持ちしている方が多いです。

そして残り2つは、通話もデータ通信も可能なプランです。

先ほどの「おしゃべりプラン」「ぴったりプラン」との違いは、かけ放題プランが含まれているか否か

「データ高速+音声通話プラン」「データ無制限+音声通話プラン」はかけ放題プランが含まれていないため、通話した時間分しか請求されません。

逆に言うと、月の中で1回でも長電話をすると高額な通話料金を請求される可能性があるということです。

そのため、それぞれのプランのメリット・デメリットを考慮した上で、ご自身の使い方に合ったプランを選んでいきましょう。

\ UQモバイルで詳細をチェックする! /

UQモバイルのキャンペーンサイトへ 

※UQモバイルのキャンペーンサイトへリンクしています。
  

データ無制限プランは安易に申し込むな

結論から言うと、「データ無制限プラン」および「データ無制限+音声通話プラン」を選ぶメリットは”全くない”です。

3,000円以下で「データ容量無制限+通話もできる」なんてまさに夢のようなプランですが、忘れてはいけないのが「通信速度500kbps」という条件付きだということ。

サクサク快適にインターネットを使える速度が10Mbpsと言われていますが、500kbpsは10Mbpsの20分の1の速度なんです。

分かりにくい方は、通信制限時を思い出してみましょう。

キャリアの通信制限時の速度は128kbpsなので、その4倍くらいと考えて頂ければいいと思います。

4倍なら早いんじゃないの?と思うかもしれませんが、最低でも1Mbps(500kbpsの2倍)の速度がないとインターネットを閲覧するのは厳しいです。

もちろん、テキスト中心のメールやLINEくらいしかしないよ~という方であれば”あり”だと思いますが、InstagramやFaceBookなどのSNSや動画の視聴をする方は安易に選ばない方が賢明です。

UQモバイルで利用可能な4つの割引

UQモバイルに限った話ではありませんが、基本的に宣伝時の料金は様々な割引が適用された後の料金だったということが多いです。

できるだけ安い金額を言いたい事業者側の事情も分かりますが、私たちユーザーが一番知りたいのは「結局、いくら払うの?」ということですよね。

そこで、この項では、適用されているのか否か分かりにくいUQモバイルの割引を総ざらいしてみたいと思います。

ちなみに、現在利用可能な割引は下記の4つ。

  • スマトク割
  • イチキュッパ割
  • マンスリー割
  • UQ購入サポート

では、一つずつ分かりやすく解説していきたいと思います。

スマトク割:1,000円×25ヵ月の割引

スマトク割は、対象プランを申し込んだユーザーの方に25カ月間1,000円引きするというものです。

詳細は以下のとおり。

対象プラン おしゃべりプランS / M / L
ぴったりプランS / M / L
割引適用月 利用開始月を含めて25ヵ月間
他割引との併用
備考 対象外プランから対象プランに変更した場合も適用される

イチキュッパ割:1,000円×13ヵ月の割引

イチキュッパ割は、対象プランを申し込んだユーザーの方に13カ月間1,000円引きするというものです。

詳細は以下のとおり。

対象プラン おしゃべりプランS / M / L
ぴったりプランS / M / L
割引適用月 利用開始月を含めて13カ月間
他割引との併用
備考 ・対象外プランから対象プランに変更した場合も適用される
・月途中の契約 / 解約は日割りを適用

マンスリー割:端末セットで24カ月間の割引

マンスリー割は、対象プランかつ端末セットでUQモバイルを契約したユーザーの方に2年間の割引がされるというものです。

詳細は以下のとおり。

対象プラン おしゃべりプランS / M / L
ぴったりプランS / M / L
割引適用月 契約2カ月目~25カ月目
他割引との併用
備考 割引期間中に解約した場合、解約申し込みをした前月利用分で割引終了

端末によって割引額は異なります。

UQモバイル公式サイトから端末を選択すれば「マンスリー割」の金額が表示されます。
UQモバイルでマンスリー割をチェック

UQ購入サポート:端末一括支払いをサポート

UQ購入サポートは、端末セットで端末を一括購入したユーザーの方に端末代を割引するものです。

詳細は以下のとおり。

対象プラン おしゃべりプランS / M / L
ぴったりプランS / M / L
割引適用月 端末購入時
他割引との併用 マンスリー割との併用は不可(他は可)
備考 13ヵ月以内に解約した場合、契約解除料が発生

契約解除料は、経過月によって変動します。

もし値引き額が21,600円だった場合、1ヵ月目に解約すると解除料21,600円です。

そして、そこから1ヵ月経過ごとに900円ずつマイナスされていき、13カ月目には0円になります。

そのため「UQ購入サポート」を受ける際は最低13カ月間の利用が必須です。

割引適用時の月額料金をシミュレーション

では、割引を適用するとどのくらいおトクになるのか実際にシミュレーションしてみましょう。

ここでは、お手持ちの端末をそのまま利用する場合と、UQモバイルで端末とセット購入する場合に分けてシミュレーションしていきたいと思います。

お手持ちの端末をそのまま利用する場合

まずは、今お持ちの端末をそのまま利用する場合の月額料金をシミュレーションしていきます。

下記をご覧ください。

契約プラン:「おしゃべり / ぴったりプランM(6GB:2年間はデータ増量で9GB)」
割引なしの料金:4,980円
経過月 適用割引 割引額 月額料金(税抜)
契約月~13ヵ月目 スマトク割 2,000円 2,980円
イチキュッパ割
14ヵ月目~25ヵ月目 スマトク割 1,000円 3,980円
26ヵ月~ 長期利用割* 1,000円 3,980円

「おしゃべりプラン / ぴったりプランM」で何の割引もない場合は月額4,980円

2年間は「データ増量オプション」が無料で適用され9GBのデータ量を利用できますが、それでも格安SIMという観点から見ると”ちょっと高い”ですよね。

そこで適用されるのが「スマトク割」「イチキュッパ割」。

1年目はどちらも適用されるため、合計2,000円が割引され月額2,980円になります。

もちろん、かけ放題プラン付き

ただし、「イチキュッパ割」は1年間のみ適用なので、2年目以降は1,000円高くなります

また、「スマトク割」も2年間のみ適用なので、3年目以降はさらに1,000円高くなると思いきや……ならないんです!

先ほどお伝えし忘れていましたが、2年以上利用しているユーザーの方には「長期割」が適用されるため、2年目と同じ料金で利用することができるんです。

”長いこと使ってくれてありがとね。”というUQモバイル側の感謝のようなものでしょうか…。

いずれにせよ、1年目が一番おトクに利用できることは間違いありません。

\ UQモバイルで詳細をチェックする! /

UQモバイルのキャンペーンサイトへ 

※UQモバイルのキャンペーンサイトへリンクしています。
  
2年目以降は使えるデータ量が減る
ここで、一つ注意しなければならないポイントがあります。

それは、3年目以降は元のデータ量に戻るということです。

2年間は無料で「データ増量オプション」で9GB使うことができますが、3年目以降は元のデータ量(6GB)に戻ります

6GBで3,980円でも十分安いと思いますが、1年目のおトクさに慣れてしまうと高いと感じてしまうでしょう。
※データ増量オプションは通常540円/月

端末セットでUQモバイルを契約した場合

次に、端末セットでUQモバイルを契約した場合の月額料金も見ていきましょう。

購入端末:iPhone 6s(128GB)/ 割賦代金:2,800円(24ヵ月)
契約プラン:「おしゃべり / ぴったりプランM(6GB:2年間はデータ増量で9GB)」
経過月 適用割引 割引額 月額料金(税抜)
契約月 スマトク割 2,000円 2,980円
イチキュッパ割
2ヵ月目~13ヵ月目 スマトク割 2,000円 3,880円
イチキュッパ割
マンスリー割 1,900円
14ヵ月目~25ヵ月目 スマトク割 1,000円 4,880円
マンスリー割 1,900円
26ヵ月~ 長期利用割 1,000円 3,980円

まず、端末の支払いは2カ月目から開始されます。

iPhone6sの端末割賦代は2,800円ですが、「マンスリー割」が2年間適用されるため、1年目は合計3,880円・2年目は4,880円で利用することができます。

マンスリー割のおかげで、実質2万円程でiPhone6sを手に入れることができています。

その他の端末も料金シミュレーションができますので、気になる方はぜひチェックしてみてください!

\ UQモバイルで詳細をチェックする! /

UQモバイルのキャンペーンサイトへ

※UQモバイルのキャンペーンサイトへリンクしています。
  

UQモバイルでセット購入できる端末

UQモバイルでは、下記に記載している端末を購入することができます。

機種 本体価格(一括) 実質価格
Android
おてがるスマホ 36,828円 21,276円
AQUOS sense 2 36,396円 26,028円
R17 Neo 38,988円 26,028円
HUAWEI P20 lite 31,212円 13,068円
DIGNO A 31,212円 108円
HUAWEI nova 2 31,212円 108円
AQUOS sense 31,212円 108円
arrows M04 PREMIUM 31,212円 108円
DIGNO Phone 20,844円 108円
iPhone
iPhone 6s 32GB:59,724円
128GB:72,684円
32GB:10,368円
128GB:23,328円
iPhone 7 32GB:67,932円
128GB:80,892円
32GB:33,696円
128GB:46,656円

しかしご覧のとおり、UQモバイルの取り扱い端末はそこまで豊富ではありません。

というかむしろ少ないです。

実際、「UQモバイルに乗り換えたいけど魅力的な端末がない…」と乗り換えを断念している方もいるくらいです。

そのため、端末が豊富な格安SIMで申し込みたい!という方は、20機種以上を取り扱っている楽天モバイル もしくはIIJmio がおすすめです。

とはいえ、中には実質108円で手に入るお値打ち端末も存在するんですよ!

実質108円で手に入るUQモバイルの5機種

引用元:UQモバイル公式サイト

では、UQモバイルでセット購入すると実質108円で手に入る人気機種をご紹介していきたいと思います。

下記をご覧ください。

機種 本体価格 マンスリー割(24ヵ月) 実質価格
プランS
(3GB)
プランM
(9GB)
プランL
(21GB)
プランS
(3GB)
プランM
(9GB)
プランL
(21GB)
DIGNO A 31,212円 -972円 -1,296円 7,884円 108円
HUAWEI nova2 31,212円 -1,296円 108円
AQUOS sense 31,212円 -1,296円 108円
arrows M04 PREMIUM 31,212円 -1,296円 108円
DIGNO Phone 20,844円 -864円 108円

上記のとおり、「マンスリー割」が24カ月間適用されるため、1カ月目に必要な108円だけで済んでしまうのです。

DIGNO AのプランSは割引額が少ないため108円にはなりませんが、プランMやプランLを申し込むことでマンスリー割の額も増えていますよね。

このように、割引額が高い機種はかなり狙い目です。

\ UQモバイルでおトクに端末をゲットする!/

UQモバイルで詳細をチェック

※UQモバイルのキャンペーンサイトへリンクしています。

108円にはならないけどおトクな機種

では次に、「実質108円」ほどは安くならないけど、マンスリー割の金額が高い機種をご紹介していきたいと思います。

機種 本体価格 マンスリー割(24ヵ月) 実質価格
プランS
(3GB)
プランM
(9GB)
プランL
(21GB)
プランS
(3GB)
プランM
(9GB)
プランL
(21GB)
HUAWEI P20 lite 31,212円 -756円 13,068円
iPhone 6s(32GB) 59,724円 -2,052円 10,476円
iPhone 6s(128GB) 72,684円 -2,052円 23,436円

上記の2機種は現在緊急値下を行っているため、通常価格よりもかなりおトクに購入できます。

特にUQモバイルのiPhoneシリーズは人気が高く、iPhone 6sの32GBはローズゴールドを除き既に在庫切れとなっています。

128GBもいつ在庫切れになるか分からないため、iPhoneを安く利用したい方はお早めに申し込むことをおすすめします。

\ おトクにiPhoneをゲットする!/

UQモバイルで詳細をチェック

※UQモバイルのキャンペーンサイトへリンクしています。

ちなみにSIM単体で申し込むこともできますが、その際はUQモバイルで利用できるか動作確認が必要になります。

こちらのページから簡単に確認できるので、ぜひチェックしてみてください。
UQモバイルで動作確認する

UQモバイルを選ぶ5つのメリット

UQモバイルは、KDDIグループの子会社という特性上他の格安SIM事業者とは一線を画しているため、他の格安SIMとは違ったメリットがたくさんあります。

ここでは、その中でも注目の5つをご紹介していきたいと思います。

  • 通信速度が速く、安定している
  • かけ放題プランが含まれている
  • 全国に実店舗があり、サポートが充実している
  • 口座振替に対応している
  • 15日間無料でお試しできる

では、それぞれ詳しく見ていきましょう。

通信速度が抜群に速い

UQモバイルは、通信速度が抜群に速いことで定評があります。

先ほど少しお伝えしましたが、UQモバイルはKDDIグループの子会社でサブブランドという立ち位置です。

そのため、他の格安SIM事業者よりも通信速度が速く安定しているのは当然といえば当然でしょう。

念のため、キャリアの通信速度と格安SIMの平均速度と比較してみたいと思います。

赤=ドコモ本家 / 青=UQモバイル / グレー=格安SIMの平均(単位:Mbps)
参考元:格安SIMの通信速度

こちらは、平日に測定したものを参考にしています。

キャリアほどの速度は出ていませんが、どの時間帯でも10Mbpsを越えていますね。

インターネットを快適に使える速度の目安が10Mbpsと言われているため、普段使いに困ることはないと言えるでしょう。

通信速度の速さで選ぶならUQモバイル、もしくは同じくサブブランドであるY!mobileがおすすめです。

UQモバイルで詳細をチェック
Y!mobileで詳細をチェック

キャリアと同じように使えるかけ放題プランがある

UQモバイルには、「おしゃべりプラン」や「ぴったりプラン」などかけ放題プランが含まれたプランが用意されています。

「おしゃべりプラン」は1回5分までの国内通話がかけ放題、「ぴったりプラン」はプランごとに定められた時間数分の国内通話がかけ放題となっています。

※ちなみに、他の格安SIMはオプションとしてかけ放題を提供しているところが多いです。

実店舗が全国に100店舗以上、サポートも充実

UQモバイルは、全国に100店舗以上を構えており店頭でのサポートが充実している格安SIMの一つです。

auショップの横に「UQモバイル」の看板がかけられているのを見たことがある方も多いのではないでしょうか?

通常、格安SIMは店舗数を減らし維持費や人件費を削減することで、キャリアでは考えられない低価格な料金を実現しています。

しかし、オンライン上のみでのサポートはいざという時に不安ということから、ある程度の店舗数があるUQモバイルを契約する方が増えています。

また、UQモバイルの実店舗では、スマホ修理中に代替え機のレンタルができるんです。

レンタル料1,000円がかかりますが、その場でレンタルできるため、スマホを使えない期間がなくとっても便利です。

お近くの店舗はこちらから確認できます。
UQモバイルの販売店舗一覧

口座振替での支払いに対応している

ほとんどの格安SIM事業者はクレジットカード支払いのところが多いですよね。

しかしUQモバイルでは、クレジットカードはもちろん口座振替にも対応しています。

そのため、クレジットカードを作れない…できるだけ使いたくない…という方にもおススメです。

注意
オンラインショップや電話窓口で新規契約する場合はクレジットカードでの支払いになります。

口座振替にしたいのであれば、新規ではなく乗り換え(MNP)または店頭で契約しましょう。

15日間無料でUQモバイルをお試しできる

UQモバイルには、15日間の無料お試し「Try UQmobile」というサービスがあります。

噂どおり本当に速いのか?
どの時間帯でも快適に利用できるのか?

など、納得いくまで使い心地を試すことができます。

もちろん、期間内に返却すれば完全無料です。

また、このサービスのすごいところは、SIMカード単体でも端末セットでもお試しができるところ。

この機会に欲しかった端末でお試ししてみるのもおススメですよ!

\ UQモバイルを無料でレンタル! /

UQモバイルのキャンペーンサイトへ

※UQモバイルのキャンペーンサイトへリンクしています。
※サイト上部の「ご利用ガイド」をクリック→一番下までスクロールし「ご検討中のお客様」内の「UQモバイルを試したい」をクリックすると、Try UQmobileのページへいけます。

改善の余地あり|UQモバイルのデメリット

では次に、デメリットも包み隠さずご紹介していきたいと思います。

主なデメリットは下記の5つ。

  • 他の格安SIMと比較すると料金が割高
  • 選べるプランが少ない
  • キャリアと同じように2年間の縛りがある
  • 公式サイトが分かりにくい

では、詳しくお伝えしていきたいと思います。

他の格安SIMと比較すると料金が割高

UQ mobileは、大手キャリアと格安SIMの間の「サブブランド」という位置づけなので、料金も格安SIMより少し割高に設定されています。

ここで少し、人気の格安SIM事業者の3GBの料金とUQ mobileの料金を比較してみましょう。

格安SIM事業者 3GB
UQ mobile 1,980円
楽天モバイル 1,480円(2GB)
mineo(Aプラン) 1,510円
LINEモバイル 1,690円
IIJmio 1,600円

楽天モバイルだけ2GBなので、きちんと比較はできませんが、それでもUQ mobileが少し割高であることが分かりますよね。

シェアが大きいmineoと比べると、月額470円の差です。

1年スパンで考えると5,640円の差になります。

この金額を高いと捉えるか安いと捉えるかは、自身のスマホの使い方によっても変わってきますが、できるだけ節約したいのであればUQモバイルではなく他の格安SIMを契約した方がいいでしょう。

選べるプランが少ない

UQモバイルは、他の格安SIMと比べて選べるプランが少ないです。

大まかに挙げると、「おしゃべりプラン・ぴったりプラン」「かけ放題が含まれていないプラン」「データ通信専用プラン」の3プランです。

また、一番人気の「おしゃべりプラン・ぴったりプラン」もデータ容量は3GB / 9GB / 21GBの3種類のみとなっています。

そのため、超ライトユーザーやヘビーユーザーは、丁度いいプランを見つけられずモヤモヤするかもしれません。

また、「おしゃべりプラン・ぴったりプラン」からその他プランへの変更もできないため、”プラン”という点から見ると融通の利かない格安SIMと言えるでしょう。

ちなみに、プランの豊富さで定評があるのはイオンモバイル です。

キャリアと同じく2年縛りがある

ドコモなどのキャリアを利用していると、2年縛りが当たり前ですよね。

好きなときに乗り換えたい方にとって、2年の縛りは邪魔以外の何ものでもないと思います。

この縛りが嫌で格安SIMに乗り換える方もいるのですが、UQモバイルにはキャリアと同様に縛りがあります

最低利用期間は下記のとおりとなっています。

プラン名 最低利用期間 契約解除料
おしゃべりプランS / M / L 2年間 9,500円
ぴったりプランS / M / L 2年間 9,500円
データ高速プラン なし
データ高速+音声通話プラン 1年間 9,500円
データ無制限プラン なし
データ無制限+音声通話プラン 1年間 9,500円

音声通話が付いているプランは、1年間または2年間の最低利用期間があります。

また、「おしゃべりプラン・ぴったりプラン」は2年間の契約期間のあと更新月があり、ここで解約しなければ自動更新となってしまいます。

公式サイトが分かりにくい

これは致命的なデメリットですが、UQモバイルの公式サイトはとにかく分かりにくいです。

通信系のサイトはどれも複雑になりがちですが、UQモバイルは特に分かりにくく本当に知りたい情報がなかなか見つからないことが多いです。

もし見つからない場合は、画面上部の「サイト内検索」を利用するか「お客様サポート」をクリックしチャットロボットに相談しましょう。
契約前でも丁寧に回答してくれるため、サイトの見方が分からない方にはおすすめです。

UQモバイルの良い評判・悪い評判

前項でUQモバイルのメリット・デメリットどちらもご紹介しましたが、実際に利用しているユーザー間の評判はどうなのでしょうか?

さっそく見ていきましょう。

【良い評判】とにかく速い、使い心地抜群と評判

まずは、良い評判です。


UQモバイルユーザーは、やはり通信速度に満足している方が多いようですね。

格安SIMは、実測で最大速度の半分くらいの速度しか出ないことが多いのですが、UQモバイルはキャリア並みの通信速度が出ることもあるようです。

【悪い評判】サービス面は不十分な点が多そう

次に、悪い評判もチェックしておきましょう。


サポートの対応やサービスの提供方法などに不満がある方が多く見受けられました。

ちなみに2年間無料で適用される「増量オプション」ですが、勝手に増量されているわけではなく自分でMy UQmobileから手続きしないといけません

わざわざ手続きしないという手間から「なんで?」と感じているユーザーは多いのも事実です。

UQモバイルへ乗り換える3ステップ

UQモバイルのメリット・デメリットを把握できたところで、最後に乗り換えの流れをお伝えしていきます。

ここからは端末セットでの申し込み方法をご紹介するため、SIM単体で申し込みたい!という方は以下の記事を参考にしてみてください。
【SIMのみ契約】UQモバイルの乗り換え手続きをまるっと解説 

必要なステップは以下の3つ。

UQモバイルに乗り換えるための3ステップ

  • MNP予約番号を取得する(10分)
  • UQモバイルを申し込む(10分)
  • データ移行手続きをする(15分)

所要時間を合算すると、約30分です。

では、一つずつ解説していきたいと思います。

ステップ1:電話番号を引き継ぐならMNP予約番号を取得しよう

キャリアからUQモバイルに乗り換えるためには、「MNP予約番号」を取得する必要があります。

MNP予約番号とは、Mobile Number Portabilityの略で、要は携帯会社が変わっても同じ電話番号を使えるようにするために取得する番号のことです。

私たちユーザー側としても、携帯会社を変えるたびに電話番号が変わってしまうのは困りますよね。

だからこそ、「MNP」という手続きをして毎回電話番号を変えなくても済むようにしているんです。

MNP手続きが必要ないケース
ほとんどの方がMNP手続きをするかと思いますが、電話番号が必要ない「データ専用SIM」を申し込む場合MNP手続きは必要ありません。

また、電話番号を変えたい、変わっても問題ない場合も必要ありません。

手続きが必要かどうか分かったところで、さっそくMNP予約番号の取得方法を見ていきましょう。

キャリア別MNP予約番号の取得方法

ここでは、電話で取得する方法をご紹介しています。

もちろん店頭でも取得することはできますが、解約を引き留められる可能性があるので電話の方がおすすめです。

また、コールセンタースタッフから指示があると思いますが、MNP予約番号を書き留めるメモを手元に置いておくと便利です。

電話でMNP予約番号を取得する方法

【ドコモ】
受付時間:午前9時~午後8時(年中無休)
1. docomoの携帯で「151」を押して発信
2. ガイダンスに沿って番号を押す
3. オペレータにMNP予約番号を取得する旨を伝える

【au】
受付時間:午前9時~午後8時(年中無休)
1. 一般電話から「0120-800-000」
 auの携帯・一般電話から
「0077-75470」
2. ガイダンスに沿って番号を押す
3. オペレータにMNP予約番号を取得する旨を伝える

【ソフトバンク】
受付時間:午前9時~午後8時(年中無休)
1. SoftBankの携帯から「*5533」
 一般電話から「0800-100-5533」
2. ガイダンスに沿って番号を押す
3. オペレータにMNP予約番号を取得する旨を伝える

MNP予約番号の有効期限・手数料も要チェック

取得した15桁のMNP予約番号には、有効期限があります。

これもサポートスタッフから説明があると思いますが、取得日を含めて15日間です。

15日を過ぎてしまうとまた取得しなおさなければならないので、期限が切れる前にUQモバイルへの乗り換えを行いましょう。

また、MNP転出料としてドコモは2,160円・auとソフトバンクは3,240円の手数料がかかります。

この手数料は、移転元の最後の支払いに合算されて請求されます。

ステップ2:UQモバイルに申し込もう

MNP予約番号を取得したら、いよいよUQモバイルへの申込みです。

店頭・オンラインショップどちらでも申込みできますが、店頭の場合は待ち時間が発生するため、特に気にならなければオンラインショップがおすすめです。
UQモバイルのオンラインショップから申し込む!
※UQモバイルの公式オンラインショップへ飛びます。

では、一つずつ手順を確認していきましょう。

事前に準備するものは4点

申込み前に準備するものは、以下のとおりです。

  • 本人確認書類
    (免許証やパスポートなど)
  • 支払いに必要なもの(クレジットカードやキャッシュカード)
  • MNP予約番号
  • メールアドレス
    (キャリアメールはNG)

上記の3点を用意したら、各項目に従って一つずつ選択しましょう。

すべて選択し終わると、最後に月々の支払い料金が表示されます。

間違いがなければ「ご購入手続きへ」をクリック。

その後以下のような画面が表示されるため、MNP予約番号や有効期限・個人情報・支払い方法などを入力していきましょう。

入力が終わると、審査段階に入ります。
※MNP転入の受付時間は9:30~20:30なので、時間外に申込みをした方は翌日以降の審査となります。

UQモバイルの申込みは最短1日で完了

結論から言うと、最短で1日、長くても1週間ほどで申込みが完了します。

大々的なキャンペーンを行っているときは申込みも殺到しやすく期間が長くなる傾向がありますが、基本的には1日~3日と考えておくといいでしょう。

申込みが完了すると、遅くても2日後にはSIMカードが発送されます。

ステップ3:端末とSIMカードが届いたらデータ移行をしよう

UQモバイルの端末を利用しているので、初心者の方がつまずきやすいAPN設定などは必要ありません。

ただし、端末が変わっているため前の端末からのデータを引き継ぐ作業が必要になります。

データ移行方法は、下記のページから確認できます。
iPhoneをお持ちの方
Androidをお持ちの方

UQモバイルは万人受けする優秀な格安SIM

今回は、UQモバイルについてまるっとご紹介していきましたが、いかがでしたでしょうか?

まだまだ改善の余地はあるものの、格安SIMとしてはかなり優秀です。

では最後に、特にUQモバイルに向いている人をまとめてみたいと思います。

  • 少し高くても通信速度を重視する人
  • 仕事上よく通話をする人
  • オンラインのサポートでは満足できない人
    ※すべて「スマホ料金を安くしたい」ということが前提になっています。

このように、スマホ料金を安くしたいけどキャリア同様のサービスも享受したい…という方にぴったりなのがUQモバイルです。

メリット・デメリットをきちんと把握して、満足のいく格安SIMライフを送ってくださいね!

\ UQモバイルでスマホをお得に! /

UQモバイルのキャンペーンサイトへ

※UQモバイルのキャンペーンサイトへリンクしています。
  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA